車の鍵を紛失した…正しい対処方法と鍵をなくさないようにする秘策

車の鍵を紛失した…正しい対処方法と鍵をなくさないようにする秘策

「車の鍵が、見当たらない……」、この状況は決して他人ごとではないでしょう。毎日のように使用している人も多いであろう車の鍵。注意をしていても、いつの間にか手元から消えているということは、よくあることです。決して、あなただけの事件ではありません。

もしかしたら、この記事を読んでいる現在のあなたは、車の鍵を紛失してしまい、早く解決したいと考えているかもしれません。そうであれば、まずは結論が必要でしょう。心当たりのある場所を探したのち、鍵開けを3種類の業者に依頼することがその答えです。

少し、深呼吸をする時間があるのであれば、ぜひこの先も読み進めてみてください。必ずあなたのお役に立つ内容です。車の鍵の紛失は、できれば出会いたくない悲劇です。しかし、起こってしまったものは仕方ありません。当コラムと一緒に解決策を見つけましょう。

車の鍵を紛失……まずは心当たりのある場所を捜索しよう

車の鍵を紛失してしまったとき、まずは冷静に深呼吸から始めましょう。気持ちを落ち着けてから、解決へのスタートです。まずは心当たりのある場所をすべて探してみましょう。今このときまでにたどった行動を、頭の中で隅々(すみずみ)まで振り返るのです。

これまでに、いつもと違う場所に立ち寄ることはありませんでしたか?いつもと違う行動をしませんでしたか?ひとつひとつのあなたがとった行動の軌跡(きせき)を振り返ってみてください。この方法で車の鍵が見つかることは、驚くくらいにあります。

どこにあるか不明なら【届出】を出す

どこにあるか不明なら【届出】を出す

どう考えても、鍵の場所が思い当たらない……。そうなってしまったら、次にするべきことは警察へ“紛失届”の提出です。紛失届を出しておけば、後々鍵が見つかったときにも、警察が保管、連絡をしてくれるので安心でしょう。新しい鍵を作成するにしても、です。

警察に紛失届を出した場合は、すでに鍵が届けられている可能性もあります。そのため、心当たりのある場所を探した後は、必ず警察を訪れてみることを、強くオススメします。車の鍵を紛失した不安感も、少しは和らげることができるのではないでしょうか。

鍵を開ける3つの方法

心当たりのある場所を探して、警察にも紛失届を出した、そんなあなたがこれから取る行動は大きくわけて3つにわかれています。急ぎの人は“鍵屋”に、解錠や鍵作成を依頼しましょう。解錠のみを希望なら“ロードサービス”、純正希望であれば“ディーラー”を選びます。

【急ぎの解錠・鍵作成】鍵屋

車の鍵を紛失して、すぐに解錠をしてもらいたい。そんなあなたが選ぶ道は鍵屋への依頼となるでしょう。全国各地の鍵のエキスパート。鍵屋に作業を依頼すれば、車の解錠も不安はないでしょう。電話をすれば、車のある位置まで出張してくれることがほとんどです。

また、鍵屋に依頼をしておけば、新しい鍵の作成も依頼をすることができます。紛失したのであれば、拾われた鍵が悪用される可能性も、十分に考えられるでしょう。鍵屋に作業を依頼した場合の費用相場は、数千円~数万円といったところでしょうか。

【解錠だけしてほしい】ロードサービス

ロードサービスに依頼をする場合は、俗にいう“インロック”。すなわち、車の鍵を車内に閉じ込めてしまったケースです。鍵が車内にあるのであれば、エンジンをかけることはできるでしょう。そのために必要になる作業は鍵開けのみ、となるはずです。

特筆すべき点は、ロードサービスに鍵開けを依頼してもかかる費用は無料である、ということでしょう。会員であれば、鍵開けは無料で受けることができるはずです。反面、交通事故などの処理をおこなうロードサービスは、到着までに時間を要すことがあります。

この点は、ロードサービスへの依頼のデメリットといえるでしょう。しかし、無料でかつ確実に鍵開けをおこなってくれる旨味は大きいでしょう。覚えておいて損はありません。

【純正品がほしい】ディーラー

車の正規の鍵、いわゆる“純正”の鍵を作成したいのであれば、その選択肢はディーラー一択でしょう。純正のほか、鍵にコンピューターの照合システムが搭載された“イモビライザーキー”も、ディーラーでしか、手に入れることができないことがあります。

圧倒的な安心感は、やはり純正品ならではといえるでしょう。見た目も気分も、やはり純正は違います。とはいえ、作成までに数日~1か月ほどの期間を要し、かつ費用も高額になることが多いです。鍵作成費用の目安は数万円~10万円近くが、相場といえるでしょう。

自力での解錠” は避けたほうがいい理由

「車の鍵がないときは、ドアの窓のスキマからハンガーを……」、と、そんな時代ではすでになくなってしまいました。型の古い車であれば、可能なものもあるでしょう。しかし、現在一般的に普及している車は、セキュリティー面も非常に優秀なものばかりです。

もし、かつてのようなやりかた――窓からハンガーを使って解錠するような、をおこなうと、ただ単に車を傷つけて終わる可能性が濃厚です。場合によっては、周囲の人によって警察へ通報されるおそれもあるでしょう。自力での解錠は、避けたほうが無難です。

業者に連絡するまえに…3つの確認しておくべきこと

業者に連絡するまえに…3つの確認しておくべきこと

「車の鍵を紛失した、すぐに業者に電話して、対応してもらおう……」と、その前に少し時間を置きましょう。いきなり電話をしてしまうよりも、状況や鍵の種類を整理しておくことが得策です。業者に連絡をする前におこないたい、3つのポイントを紹介します。

現在の住所や車の種類

車の鍵がなくて立ち往生、非常に困る状況ですが、電話の前に現在の場所や住所を確認しておきましょう。明確な住所がわからなくても、簡単な目印や、特徴のある建物を伝えれば対応してもらえることが多いです。また、車の車種などの情報も確認しておきましょう。

鍵の形状はいろいろある

鍵の形状は、昔に比べて非常に多様になりました。ギザギザタイプの、いわゆる“普通の鍵”や、リモコンを搭載した“リモコンキー”、それに完全ワイヤレスな“スマートキー”などが代表です。車の鍵に“イモビライザー”が搭載されているかも、確認する必要があるでしょう。

イモビライザーの確認方法

“イモビライザー“とは、簡単にいえばコンピューターが付いた鍵です。特定の鍵でしか、解錠をすることができない仕組み。そんなイモビライザーの確認方法は2つあります。ひとつは、メーター上に”鍵の付いたランプ“があるかどうか、点滅するかどうかです。

とはいえ、メーター上のランプ表示は、ほかの仕組みに使用されているケースもあります。そんなときは、鍵のマークがついたシールの有無を確認するようにしてみてください。このどちらかの表示があれば、あなたの車の鍵には、イモビライザーが搭載されています。

【おまけ】簡単にできる!鍵紛失の予防方法

車の鍵を紛失しなければ、そもそも鍵開けや鍵作成を依頼する必要はありません。「今更そんなこといわれても……」、と考えてしまうのはごもっともですが、今後の紛失対策として知っておくのもよいでしょう。ここでは鍵紛失の予防策を、いくつかご紹介します。

鍵の保管方法を固定化する

車の鍵の場所、いつも違う場所においていませんか?その積み重ねの後、気付いたときには鍵を紛失していた……、という人は結構いらっしゃいます。車の鍵は定位置に置く。これだけを徹底すると、鍵の紛失確率は驚くほどに低くなりますよ。

グッズを使用してみる

車の鍵の紛失は、人類がこれまでに直面してきた、普遍的なトラブルのひとつといえるでしょう。そのため、現在までにさまざまな対策グッズが販売されています。これらのグッズを使用することで、あなたが車の鍵を紛失する心配は、大きく軽減できるはずですよ。

・ストラップを付けて目立たせる

可愛くても可愛くなくても、鍵にはストラップが似合います。ストラップを付けておけば、仮に落としたり、紛失したりしても発見は容易でしょう。お気に入りをぜひどうぞ。

・コイルホルダー、キーバックリール

腰につけるタイプのコイルホルダーや、キーバックリールの果たす役割は大きいです。使用することで鍵を紛失する機会は大きく減るでしょう。ほかの鍵とのおまとめにも最適です。

・鈴をつける

人類の古代からの知恵である“鈴”。その心を癒す音色は、鍵の紛失防止にも非常に役に立つでしょう。万が一落としたときも、「チャリーン」の音で気づくことができますよ。

・紛失防止タグをつける

最先端を地で行くのであれば、“紛失防止タグ”は正しい選択です。鍵に紛失防止タグを取り付ければ、スマホやタブレットで鍵の場所を特定することが可能です。中には一定の距離を離れると、通知をくれるものもあります。活用してみるのもよいのではないでしょうか。

まとめ

車の鍵紛失、その事実に直面すると、本当に焦ってしまいますよね。そんなときは、まず気持ちを落ち着けることから始めましょう。2回~3回の深呼吸をすることで、冷静になることができます。その後は心当たりのある場所を、徹底的に探してみましょう。

それでも発見することができなければ、警察へ紛失届を出しておいたほうがよいでしょう。将来的に発見されたときも安心ですし、連絡を受けることもできます。紛失届を出す前、もしくは出した後には、鍵屋、ロードサービス、もしくはディーラーに連絡を。

業者に連絡をする前には、住所の確認や鍵の種類の確認を、必ずおこなっておきましょう。スムーズに作業を依頼することが可能です。車の鍵の紛失は、思いがけないタイミングで発生します。今回の内容を参考に、上手に対処してみてくださいね。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー