3桁の鍵の開け方|ダイヤル式の鍵やスーツケースも3つの方法で解決

ダイヤル式鍵の3桁の暗証番号を忘れてしまい、開かなくて困っているなら「順番に合わせる」「ツルを引っ張る」「壊す」の方法を試してみましょう。これらの方法は、3桁式の鍵の開け方の基本で、素人でも開けることができるからです。

まずは「順番に合わせる」「ツルを引っ張る」「壊す」の方法を試してみて、それでも開かないなら業者に依頼をしましょう。ここでは、暗証番号を忘れて開かなくなった3桁のダイヤルロック式鍵の開け方を解説していきます。

3桁式の鍵の開け方3選

南京錠や自転車用のワイヤーロックなどには3桁のダイヤルロック式になっているものがあります。このタイプの鍵の場合は、暗証番号を忘れたとしても、ほかに開け方が3つあるのです。それではさっそく、3桁式の鍵の開け方をひとつずつ解説していきます。

1.すべての番号を順番に合わせる

1.すべての番号を順番に合わせる

ひとつめは、3桁の番号を「000」から「999」まで順番に合わせていく方法です。すべての番号を合わせていけば、いずれ鍵を開けることができます。

しかし、開くまで「000」から「999」までの数字を試していかなければならないので、時間がかかるのが難点です。急いで開けたいときには向いていないでしょう。

また、暗証番号があっていたとしても数字が少しでもずれていると開かないことがあります。順番に暗証番号を探っていく方法は、慎重におこないましょう。

2.引っ張りながら回す

次にご紹介するのが、引っ張りながらダイヤルを回して開ける方法です。ダイヤル式の鍵には、U字の形をした「ツル」という部分があります。そのツルの部分を引っ張りながら回してみてください。

そうすると、暗証番号が合っているときに緩みを感じることができます。緩みを感じる部分を探りながら回しましょう。

まずは「000」にダイヤルを合わせます。ツルを引っ張りながら下1桁からダイヤルを回していきましょう。「000」から「009」まで順に回したときに緩みを感じた数字が下1桁の暗証番号です。下1桁の暗証番号がわかったら、同様にツルを引っ張りながら十の位……、百の位……と続けて、暗証番号を見つけましょう。

3.破壊する

最後は鍵を破壊して開ける方法です。ツルやワイヤーの部分をペンチやワイヤーカッター、金切ノコギリを使って切断します。ツルやワイヤーの部分が細いものであれば、簡単に切断することができるでしょう。

また、テコの原理を使って破壊する方法もあります。ツルのU字部分に2本のスパナの先端を片方ずつ入れます。そしてペンチのように内側へ2本のスパナを閉じると、破壊することができます。ただし、破壊してしまうと再度利用することができなくなるので、手段を選ばずすぐに鍵を開けたいという場合におこないましょう。

鍵を壊さずに開けたい場合や、どの方法を試しても開かない、すぐに開けたい場合は業者に相談をしましょう。すべての番号を合わせて鍵を開けるのは、非効率で根気のいる作業となります。業者であれば、短い時間で鍵を壊すことなく開けることができます。

鍵解錠の業者をお探しなら弊社へご相談ください。弊社では、鍵のトラブルを解決する業者をご紹介しております。現場から近い業者をご紹介することができますので、お急ぎのときでもぜひご相談ください。

ケース別|ダイヤル式の鍵が開かないときの対処法

3桁のダイヤル式鍵は、ほかにもスーツケースや金庫があります。ここでは、スーツケースや金庫の鍵が開かないときの対処法を紹介していきます。

スーツケースが開かない場合

スーツケースが開かない場合

暗証番号が合っているはずなのに開かないときは、暗証番号がリセットされダイヤルが動いてしまった可能性があります。設定した暗証番号に近い数字を合わせてみましょう。

それでも開かないときは、先ほどご紹介した開け方と同様に「000」から「999」まで順番に合わせて開けます。すべてを順番にやっていくと膨大な時間がかかるため、ツルを引っ張って緩みを確認する方法を応用してみてください。

まずスーツケースを「000」に合わせます。1桁ずつ数字をずらしながら、スーツケースの鍵を引っ張ってみて隙間を確認します。隙間が少し開く番号を順番に見つけていきましょう。

すべての番号を合わせても開かないという場合は、鍵の内部が故障しているかもしれないので、各種メーカーや鍵解錠のプロに問い合わせましょう。

ダイヤル式金庫が開かない場合

ダイヤル式金庫の暗証番号がわからない場合も、数字を全部合わせてみましょう。順番に回したときの違和感を探すことで開けることができます。

順番に合わしてみても開かない場合は、メーカーへ問い合わせて暗証番号を照会できる場合があります。ただし、メーカーへの照会は時間がかかる場合がありますので、すぐに開けたい方は業者へ依頼をしましょう。

スーツケースや金庫の鍵が開かなくてお困りなら弊社へご相談ください。弊社ではさまざまな鍵に対応した鍵解錠の業者をご紹介いたします。無料で相談を承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

自分で対処できない鍵トラブルは業者へ相談しよう

自分で対処できない鍵トラブルは業者へ相談をしましょう。業者に依頼をすれば、確実に早く解錠することが可能です。また、鍵によってはセキュリティーの面から素人では開けられないようになっている可能性もあります。

無理やりこじ開けて鍵交換費用を上乗せで払うよりかは、業者に解錠を依頼をするほうが的確で経済的でしょう。ここからは、鍵業者に依頼するとかかる費用や選ぶポイントをご紹介していきます。

ダイヤル解錠にかかる費用

ダイヤル解錠にかかる費用

鍵トラブルを業者に依頼すると「出張費+作業費+部品費」の合計が修理にかかる費用になります。ダイヤル式の鍵開けや交換を業者に依頼すると約3,000~30,000円が相場のようです。鍵の種類や難易度によって費用に差があります。種類別の費用相場は以下のとおりです。

・ポスト:約3,000~12,000円 ・南京錠:約3,000~10,000円 ・スーツケース:約8,000~20,000円 ・金庫:約8,000~30,000円

実際にどれぐらい費用がかかるのか知りたい方は、見積りを依頼するのがおすすめです。

鍵業者を選ぶポイント

鍵業者選びを失敗しないために、選ぶポイントをご紹介いたします。鍵業者を選ぶときは「料金設定が明確か」「アフターフォローがあるか」「保証が設けられているか」を確認しましょう。

料金設定が明確ではない業者は、どれぐらい作業に費用がかかっているのかわかりません。「鍵解錠5,000円」の中に出張費や作業費、部品費などが含まれているのか含まれていないのかわからなければ、予算をたてにくく、後からいろいろ請求されるおそれがあります。必ずホームページの料金設定や見積りの内訳が明確な業者に依頼をしましょう。

また、アフターフォローがある業者に依頼をすると、鍵の調子がすぐ悪くなったときやトラブルが起きたときでも安心して再度依頼することができます。また、保証が設けられている業者であれば、業者が鍵を破壊してしまっても、弁償してもらえるので安心です。

信頼できる鍵業者をお探しなら弊社へご相談ください。弊社では全国各地を対象に鍵業者をご紹介しております。要望に沿った経験豊富な鍵のプロをご紹介しておりますので、お気軽にご連絡ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-7945

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。