鍵の紛失、見つかる確率はどのくらい?鍵の探し方や警察への届け方

鍵を紛失した場合、まず冷静になって心当たりのあるところを調べましょう。鍵を紛失して見つかる確率を高くするためにも、パニックにならないことが大切です。

もし紛失した鍵が見つからないときは、戻ってくる可能性を高くするためにも警察に遺失届を提出しましょう。

この記事では、鍵を紛失した場合の対処法を紹介しています。また、鍵の紛失を予防する方法についても紹介していますので、あわせてご覧ください。

鍵の紛失、見つかる確率は半々?まずは落ち着いてカギを探そう

鍵を紛失すると見つかる確率の、正確な数字については定かではありません。しかし、何もしなければ、見つかるものも見つからないでしょう。

まずは落ち着いて、ひとつひとつ心当たりを探していくことが、鍵の見つかる確率を上げるコツです。ここでは、そんな鍵を紛失したときの探し方をご紹介いたします。

鍵を紛失したらここをチェック

鍵を紛失したらここをチェック

鍵を紛失したときは、まずは自分が身につけている衣服のポケット内やかばん・財布の中をよく調べてみてください。焦っていると、身近に鍵があっても気がつかないものです。

場合によっては、いつもしまっている場所とはちがうところにいれていたり、手帳の間などに挟まっていたりすることも。一度冷静になって、心当たりのある場所を探してみましょう。

鍵のありか、車の中は意外な盲点!

車から降りたあとに鍵を失くしたのであれば、車の中に落ちている可能性もあります。なぜなら、車にはシートのすき間など、鍵がはいりこみやすい場所がたくさんあるからです。

そのため、車を使ったあとに鍵をなくしたときは、車中をくまなく探しましょう。シートの下など、見えない部分に意外とあるかもしれません。

立ち寄り先もリストアップして

かばんやポケットなど身の回りを探したけれども見つからないときは、鍵を失くすまでどこに立ち寄ったかをノートにリストアップしましょう。リストアップした場所までいくなり電話するなりしてすべてあたっていき、根気よく探すことが大切です。

ここにはないだろう!と偏見を持つことが発見を遠ざける

とにかく、紛失した鍵を探すときは「こんな場所にいれるわけない」と決めつけないようにしましょう。そういった場所にこそ、鍵がはいっていたりするからです。そのため、とくにかばんの中などは隅から隅まで、丁寧に探すようにしてください。

「ここまで探しても見つからない」「どうしても今すぐに鍵を開けたい!」と思うのであれば、業者を呼んで解錠してもらうことをおすすめします。その場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社に加盟するお近くの提携鍵業者をから、最適な業者をすぐにご紹介いたします。

もちろん、お見積りを無料でおこなう提携業者も加盟しております。ぜひ一度、お気軽にお電話ください。

それでも見つからないなら、警察に遺失届を提出しよう

かばんのなかなど身の回りや、立ち寄り先などをすべて探したけれども見つからないときは、近くの警察署または交番に遺失届を提出しましょう。なぜなら、遺失届を提出しておけば、鍵を見つけた人が警察に届けてくれた場合、自分の手元に戻ってきやすくなるからです。

この遺失届に関しては、交番や警察署にて相談・提出することができます。用紙には、氏名や住所などの個人情報から落としたものの特徴まで、細かく記入していきます。

この際、鍵の特徴や落とした状況まで細かく書くと警察も見つけやすくなるので、できるだけ詳細に書きましょう。また、免許証や保険証といった身分証明書が必要になりますので、これは忘れないようにしてください。

【注意】賃貸物件なら管理会社や大家さんへの連絡も必須

【注意】賃貸物件なら管理会社や大家さんへの連絡も必須

賃貸物件は基本的に大家さんの持ちものです。そのため、自分の判断で鍵の交換などをおこなってしまうと、大家さんや管理会社とトラブルになるおそれがあります。

管理会社か大家さんに相談すれば、鍵の開錠をしてくれる場合もあります。また管理会社などに許可を得れば、スペアキーを使って複製できることもあります。

したがって、賃貸物件の鍵を紛失したときは、まずは自分で判断せずに管理会社か大家さんにどうすればよいか相談しましょう。

しかし、そもそも賃貸ではない方や、「大家さんに自分で対処してといわれた……」という方もいるでしょう。それでも今すぐに開けたい!とお思いの方は、鍵業者に依頼して解錠してもらいましょう。

業者であれば、鍵の種類にもよりますが最短数十分で解錠してくれますので、いざというときに、頼りになる存在です。

そんな業者をお探しであれば、ぜひ弊社にご依頼ください。弊社には頼りになるプロの鍵業者が多数加盟しております。鍵の紛失などでお困りの方は、ぜひ一度ご連絡ください。

紛失した鍵が見つからない場合、思わぬ被害に遭うことも

玄関の鍵を紛失して見つからなくても、基本的には誰の鍵なのかわからないため、悪用されるおそれはそれほどないでしょう。しかし、自宅付近で落としたり、身分証明書など鍵の所有者が誰かわかるものと一緒に落としたりすると、泥棒や不審者に侵入されるリスクが高くなります。

そのため、玄関の鍵を紛失したときは、プロの鍵業者に依頼して交換してもらうことをおすすめします。

玄関の鍵は11,000円から交換ができる

玄関の鍵は11,000円から交換ができる

玄関の鍵交換をしたいけれど、どの業者に依頼するのがよいかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、お近くのプロの鍵業者がすぐに駆けつけます。

また、弊社では11,000円から玄関の鍵交換を依頼できる業者をご紹介しております。詳細なお見積りをしてから検討することもできますので、ぜひ一度ご連絡ください。

鍵の紛失は便利なアイテムや日々の習慣で防止できる

ここまで見てきたように鍵を紛失すると、あちこち探しまわったり、警察に遺失届を提出したりなどすることになります。そのような面倒なことを避けるためにも、鍵の紛失を予防する対策が必要です。

ここでは、鍵を予防するのに効果がある対策を4つご紹介いたします。ぜひ参考にして、鍵の紛失を防いでいきましょう。

紛失防止タグをつける

紛失防止タグをつける

紛失防止タグとは、紛失した鍵を見つけるためのアイテムです。このアイテムには、GPS機能や受信機などを利用したものがあります。

GPS機能を使うと、スマートフォンと連動して紛失防止タグが現時点で地球上のどこにあるのかを知ることができます。また商品によっては携帯からブザーを鳴らせるものもあり、その音で鍵の場所を発見できる確率を上げることができるのです。

このように、鍵に紛失防止タグをつけておくことは、紛失した鍵を発見するのに効果的な対策といえるでしょう。

鍵を置く場所、いれる場所を決める

鍵を紛失しないための対策として、家の中では鍵を置く場所を決めるようにしましょう。置く場所を決めないと、どこに置いたか忘れてしまうことがあります。

置いた場所を忘れると探すのに時間がかかりますし、紛失するリスクも高くなります。なくした、と思ってもすぐに探す当てがあるというのは安心感がありますね。

また、外出するときも鍵をいれる場所を決めておきましょう。その際、鍵を落としやすい場所ではなく、チャックがついているかばんのポケットなどにいれると紛失するリスクが小さくなりますよ。

ポケットには鍵をいれない

パンツやシャツのポケットには鍵をいれないようにしてください。なぜなら、衣服のポケットにはチャックなどのフタがついていないため、何かのはずみで落とす可能性が高いからです。

衣服のポケットは出しいれしやすいため、つい鍵をいれがちです。しかし、紛失するリスクがとても高いので、ポケットに鍵をいれないようにしましょう。

目立つキーホルダーをつける

鍵に目立つキーホルダーをつけるのも、紛失を予防する効果があります。たとえば鈴を鍵につけると音がなるので、落ちたときに気付きやすくなります。また、カラフルなデザインをしているものやキーホルダーにつけると目立つので、紛失するリスクが小さくなるといえるでしょう。

しかし、このような対策をしていても、鍵を紛失することはあります。もし鍵を紛失したときは、弊社にご依頼ください。

弊社に加盟するプロの鍵業者が、開錠・交換・修理など鍵に関するトラブルを適切に対処いたします。鍵トラブルでお困りの際は、ぜひご相談ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-7945

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー