シリンダー錠の仕組みを徹底解説|防犯性能を高める2つのポイント

シリンダー錠は、非常に多くのご家庭で使われています。シリンダー錠の仕組みはタイプによって違っていて、どれも細かいパーツによって構成されています。そんな複雑なシリンダー錠がトラブルを起こしてしまえば、どのような対処をすればいいかと戸惑ってしまうかもしれません。

今回は、シリンダー錠の仕組みについてお話します。仕組みについて詳しくなって、トラブルが起こったときにも適切な対処をとれるようになりましょう。

シリンダー錠の仕組みを知って防犯対策しよう

オーソドックスなシリンダー錠は、現在ほとんどの住宅に導入されています。ではシリンダー錠の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

シリンダー錠とは?

シリンダー錠の仕組みを徹底解説|防犯性能を高める2つのポイント

シリンダー錠とは、錠前の種類のひとつです。錠前とは、扉が勝手に開けられないようにするための金属部品のことです。数ある錠前の中でもシリンダー錠は、鍵穴の内部が円筒状の形をしており、鍵を使うことで解錠することができるという特徴があります。

シリンダー錠の仕組みはシンプルなものから複雑なものまで多岐にわたり、現在の住宅で最も採用されている錠の種類だといえるでしょう。

シリンダー錠の仕組み

シリンダー錠の内部には、タンブラーやピンなどの障害物があり、普段は回転しないように引っかかっています。そこで障害物をうまく対処するようにできている鍵を挿入することで、解錠できるようになっているのです。

解錠するまでの細やかな仕組みは、シリンダーの種類によって異なります。その仕組みが簡易的であるかどうかで、防犯性能も変わってくるのです。

より防犯に効果的なシリンダー錠にしたい場合は、鍵の交換を考えてもよいでしょう。鍵お助れけ隊に依頼をすれば、最短1日で対応してくるので、すぐに住宅のセキュリティ性能を上げることができます。お気軽にご相談ください。

シリンダー錠にもさまざまな種類がある

シリンダー錠にはたくさんの種類があります。錠によって特徴があり、防犯性能もそれぞれ違います。ひとつひとつの特性を理解して、適切な鍵選びをしましょう。

ディスクシリンダー

シリンダー錠の仕組みを徹底解説|防犯性能を高める2つのポイント

ディスクシリンダー錠は、鍵が“く”の字になっていたり、鍵穴が縦になっていたりするものをさします。鍵のギザギザ部分を、ディスクタンブラーと呼ばれる部分にはめ込むことによって、解錠できるようになっています。その構造のシンプルさから、合鍵の作成や鍵穴の修理なども、比較的安価で依頼することができます。

しかし、防犯性能はあまり高くなく、セキュリティの観点では心配な点があります。そのため、現在ディスクシリンダーは廃盤になっており、ほとんどがロータリーディスクシリンダーとして改良されて販売されています。

ピンシリンダー

ピンシリンダー錠の仕組みとは、ディスクシリンダー錠と似ています。鍵のギザギザ部分が、鍵穴内部にあるピンとうまく合致することで、解錠できるようになっています。ピンは鍵穴の上部にしかついていないことが多く、ピッキングがしやすいため、防犯性能はあまり高くないでしょう。

ロータリーディスクタンブラー

ロータリーディスクタンブラー錠は、ディスクシリンダー錠の仕組みを改良されて製作された錠のことをさします。

通常の錠はピッキングの際に回転する方向に力を加えながら、複数あるタンブラーをひとつひとつ合わせていくことによって、多少おおざっぱでも解錠することができます。

しかしロータリーディスクタンブラーはすべてのタンブラーが同時に適切な位置にある場合のみ回転するようになっています。そのためピッキングの難易度が高く、防犯性能はとても高いです。

ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダー錠の仕組みはとても複雑です。今までのピンの位置は上か下にしか配置できなかったため、ピッキングがされやすい構造をしていました。

しかしディンプルシリンダー錠はピンをさらに自由に配置することができるため、ピッキングをして解錠することはとても難しいです。鍵にはホールがあることも特徴です。

マグネットタンブラーシリンダー

マグネットタンブラーシリンダー錠では、その名の通り磁石を使用しています。錠の中にあるピンのひとつひとつに+極と-極が決められていて、それぞれの極性が合致しないと、解錠することはできません。

そのためピッキングをして解錠することは、ほとんど不可能だともいわれています。その防犯性能の高さから、最近ではマグネットタンブラーシリンダー錠が導入されることが増えてきています。

家のセキュリティの要となるのが鍵です。今お使いのものが不安だったら、鍵の交換を考えてみてはいかがでしょうか。鍵お助け隊なら、上記のような最新式の鍵への交換も承っています。電話でご相談を24時間365日受け付けていますので、お気軽にお問合せください。

防犯性能を高めるための2つのポイント

ピッキングをはじめとした、さまざまな空き巣被害が横行しています。家の防犯性能を高めるためには、鍵の紛失や施錠忘れに気をつけるだけでは不十分でしょう。ここではさらに防犯性能を高めるための、オススメな方法をお伝えします。

ワンドアツーロックにする

シリンダー錠の仕組みを徹底解説|防犯性能を高める2つのポイント

ワンドアツーロックとは、玄関のドアに鍵を二つつけてセキュリティを高めるものです。ワンドアツーロックにすることで、防犯性能はとても高くなります。

空き巣は解錠に5分以上かかりそうな家は、侵入をあきらめるといわれています。二つも鍵があれば時間がかかってしまうので、基本的にワンドアツーロックの鍵は狙われにくいとされています。

鍵自体を高性能のものに交換

家の防犯性能を高めるためには、上記でご紹介したような、高性能な錠に交換することもオススメです。ピンシリンダー錠やディスクシリンダー錠の仕組みは比較的簡単なので、ピッキングも最短で1分でできるといわれています。

そのためロータリーディスクタンブラー錠やディンプルシリンダー錠をはじめとする、ピッキング対策の練られた新しい鍵を使用することをおすすめします。

もし鍵の交換をお考えなら、鍵お助け隊を利用してみてはいかがですか。弊社にお任せすればさまざまなトラブル解決を喜んで承ります。自分の家がどれくらいの防犯性能を持っているのかも、プロの手によって確認することができるのでオススメです。無料で見積りも承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

鍵トラブルは突然やってくる!対処法を知っておこう

鍵のトラブルは予期しないタイミングでおとずれます。いざというときにパニックになってしまわないためにも、鍵のトラブルの対処法を把握しておきましょう。

こんなトラブルが起こったら…

シリンダー錠の仕組みを徹底解説|防犯性能を高める2つのポイント

鍵のトラブルはたくさんあります。その中でも、とくに多く報告されるのは鍵の紛失です。鍵をなくしてしまった場合は、鍵穴から合鍵の作成をおこなったり、メーカーに取り寄せをしたりする必要があります。

また鍵を毎日使っていると、シリンダー錠の仕組みの都合上、鍵にホコリやゴミなどが付着して錠を傷つけてしまうことがあります。そうすると、鍵が回らなくなってしまうことがあります。

鍵が回りづらいときの応急処置としては、鍵穴に掃除機を密着させてゴミを吸いとる作業などが効果的です。また、鍵専用の潤滑剤を使用することもおすすめです。潤滑剤を使う際は、必ず鍵専用のものを使用するようにしましょう。

決してサラダ油や多用途の潤滑剤を使用しないでください。油分とホコリが混ざりあって固まり、さらなる故障を起こしてしまうおそれがあります。

まずは業者に相談してみよう

シリンダー錠の仕組みは複雑で、簡単に自分の手で修理できるものではありません。基本的には、何かあったらすぐに業者に相談することをおすすめします。無理をしてしまえば、鍵を壊すことになるかもしれません。

また鍵を開けるという言葉には、「開錠」と「解錠」の2種類があります。開錠とは、破壊的な行為を念頭に置いた対処のことをさします。そのため、ドリルなどを使って扉やシリンダーに穴をあけて鍵を開けようとする行為が行われる可能性があるでしょう。

それに対し解錠は、鍵を壊すことがないように鍵を開けようとする行為のことを指します。これらの二つは、業者が鍵修理を行う際に使い分けているので確認しておきましょう。

自分で交換できる?

鍵を自分の手で新しいものに交換することは、簡単ではありません。鍵自体は通販などで簡単に購入することができますが、取り付けの作業は難しく、失敗してしまうおそれもあります。

また賃貸の住宅にお住まいの場合、無断で鍵を変えてはいけません。無断で鍵を交換してしまうと、トラブルのもとになります。鍵の交換は、基本的には鍵のプロにお任せしたほうがよいでしょう。

シリンダー錠の交換にかかる費用相場

シリンダー錠の交換にかかる費用は、取り付けをする鍵によって大きく変わりますが、相場は7,000円~25,000円程度だとされています。元々使っていた鍵の状況や、どんな鍵を取り付けるかによっても費用は変わるので、事前に見積りを作成してもらうことをおすすめします。

鍵お助け隊にお任せすれば、無料見積りを行い、適切な鍵交換を提案致します。見積りの金額より請求金額が高くなることはありませんのでご安心ください。電話で24時間365日いつでも相談することができますので、ぜひお問い合わせください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー