分譲マンションの鍵交換費用は?交換前の確認事項と気になる防犯対策

分譲マンションを購入したときには、鍵を交換したほうがよいのではないかと考える人も多いでしょう。分譲マンションの鍵を交換する費用は、どれくらいかかるのでしょうか。また、鍵交換は勝手にしてしまっていいものなのかというのも、気になるところです。

そこでこのコラムでは、分譲マンションの鍵交換について解説します。交換前に確認しておくべき注意点、費用を抑えるポイントもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

分譲マンションの鍵交換は可能!交換前の確認事項

分譲マンションの鍵を交換することは可能です。ただし、戸建て住宅とは違う注意点がいくつかありますので、事前に確認しておきましょう。

マンションの鍵は交換可!ただし管理会社の許可が必要

マンションの鍵は交換可!ただし管理会社の許可が必要

分譲マンションとはいえ、鍵を交換する場合には管理会社の許可を得ることが必要です。分譲マンションは戸建て住宅とは違って、建物すべてが自分のものというわけではありません。好きに作り変えていいのは、所有権を認められている部分に限られます。

分譲マンションには専有部分と共用部分とがあり、共用部分は個人の所有物ではないので、勝手に手を加えることができません。専有部分は壁や天井で仕切られた室内、共用部分はそれ以外の廊下やエレベーターなどです。

玄関のドアの場合は、内側は専有部分、外側は共用部分ということになります。たとえばドアの内側の色を塗り替えることはできますが、ドア自体をつけ変えることはできません。同じ理由で、鍵の交換も勝手にはできないことが多いのです。

分譲マンションの所有権については、マンションの管理規則で規定されているはずです。その確認も含めて、鍵を交換したいときには管理会社に相談してみましょう。

交換前のチェック事項

鍵をなくしてしまった場合や、より防犯性の高い鍵にしたいといった所有者の都合であれば、分譲マンションの鍵を交換する費用は全額所有者の負担になるでしょう。

しかし、交換する理由が鍵の経年劣化による不具合などだった場合には、管理会社に修理や交換の費用を負担してもらえる場合もあります。もしも鍵の調子が悪いので交換を考えているのなら、一度管理会社に相談してみれば、無料で直してもらえるかもしれません。

また、鍵のトラブルには火災保険などが適用できる場合もあります。鍵交換の費用をカバーできる保険に加入していないか、一度チェックしてみましょう。鍵トラブルのときに使える保険については、後述の「費用の不安…ケースに応じて保険の適用も!」で詳しくご紹介します。

オートロックキーは交換不可の場合も

セキュリティーの充実した分譲マンションでは、オートロック式が採用されていることがあります。部屋だけでなく、エントランスなどの共用部分にも鍵がなければ入ることができないシステムです。

オートロックは部屋と共用部分が同じ鍵で開けられるようになっていることが多いです。このような分譲マンションで鍵を交換したいと考えた場合、部屋の鍵は交換できても、共有部分の鍵は変えることができません。そのため、部屋用と共用部分用のふたつの鍵をもつことになります。これは少しわずらわしいかもしれません。

そもそも部屋の鍵と共用部分の鍵が連動していて、部屋の鍵だけの交換自体ができない場合もあります。その場合には、やはり管理会社に相談するのがよいでしょう。

自分で交換できるけどリスクも…

ドアの鍵は単体で販売もされていますので、自分で交換をすることも可能です。ただし、部品がドアに適合しなかったり、ドアを傷つけて余計な費用が発生してしまったりというおそれもあります。

鍵交換は、鍵の業者に任せるのが安心です。鍵の業者は適切な部品を使い、ていねいな施工をしてくれるでしょう。鍵交換の業者を探す際には、ぜひ弊社をご利用ください。ご相談を聞いたうえで、対応可能な業者を無料でご紹介します。弊社には多くの鍵業者が加盟していますので、さまざまなタイプの鍵に対応することが可能です。

分譲マンションの鍵交換にかかる費用と納期

業者に依頼して鍵を交換するとなると、もっとも気になるのは費用面でしょう。分譲マンションの鍵を交換する費用はどれくらいなのでしょうか。

鍵の交換にかかる費用相場

鍵の交換にかかる費用相場

ドアの鍵交換にかかる費用の相場は、以下のようになっています。一般に普及している鍵ほど費用は安く、より防犯性の高い鍵ほど費用が高くなる傾向にあるようです。

  • 一般的な鍵(ディスクシリンダーキーなど)/15,000円~20,000円程度
  • 防犯性の高い鍵(ディンプルキーなど)/30,000円~40,000円程度
  • オートロックの鍵/30,000円~40,000円程度
  • 特殊な鍵(プッシュボタン式など)30,000円~80,000円程度

鍵交換までの流れ

業者の鍵交換は、実際にどのような流れでおこなわれるのでしょうか。依頼から完了までの流れを確認しておきましょう。

・問い合わせ
電話やメールで、業者に依頼についての詳細を聞きます。基本的な料金設定、出張料や見積り料、キャンセル料の有無についてもこの時点で確認しておくとよいでしょう。

・現場で見積り
交換したい種類の鍵がドアに適合するかどうか、どういった作業をするかを現場で確認し、料金を計算した見積りを提示します。見積りを見てキャンセルすることも可能ですので、必ず作業をはじめる前に見積りの内容をしっかり確認しましょう。

・施工
業者が鍵の在庫をもっていればすぐに作業をはじめられますが、オートロックや特殊な鍵の場合はメーカーに発注をしなければならないこともあります。その場合には部品が届くまで2週間~4週間ほどかかる場合もあります。その間は仮の鍵を貸してくれることもあるので、業者に確認してみましょう。

・支払い
施工が完了して確認をしたら、料金を支払います。業者によって現金やクレジットなど、支払い方法が指定される場合もありますので、事前に確認しておくのがよいでしょう。

詳しい費用や納期は業者に見積りを

鍵のことは素人にはよくわからない部分もありますので、料金や施工完了の納期がどれくらいになるのかイメージがつかないことが多いでしょう。業者を探す際には、見積り料やキャンセル料が発生しないところをチェックするのがおすすめです。

見積りだけなら無料で出してもらえて、そこでキャンセルしても料金が発生しないのであれば、試しに見積りを頼んでもなんの損もありません。いくつもの業者に同時に見積りを出してもらう相見積りもよいでしょう。複数の業者の見積りを比較することで、よりよい業者を見つけることができるはずです。

見積りの依頼なら、弊社にご相談ください。弊社が紹介する業者では、見積り料やキャンセル料はいただきません。もちろん相見積りも大歓迎ですので、ぜひ料金やサービス内容をほかの業者と比べてみてください。

費用の不安…ケースに応じて保険の適用も!

分譲マンションの鍵交換費用を解説しましたが、思ったより高いと感じた方もいるかもしれません。費用はできるだけ安く済ませたいところですので、ここでは鍵交換の費用を抑えるポイントをご紹介します。

入居者サポート

入居者サポート

マンションによっては、入居者に対してさまざまなサポートを用意していることがあります。マンションの管理会社が用意している会員サービスのようなもので、建物の破損や水回りの故障など日常のトラブルに無償で対応してもらえるサービスです。

入居者サポートのなかにはセキュリティーも含まれ、その一環として鍵の交換費用を負担してもらえる場合もあります。ただし、負担してもらえるのは経年劣化による故障などが原因の場合で、所有者の都合で交換する場合には負担してもらえないことが多いです。管理会社に問い合わせ、契約内容を確認してみましょう。

火災保険

マンションを購入する際に火災保険に入る人は多いです。火災保険は住宅を守るための保険で、対象となるのは火災だけではありません。火災保険がカバーする補償内容には火災、落雷、台風、雨漏りなどの自然災害や、車などの衝突、盗難といった外部からの被害も含まれるのです。

火災保険では、鍵の紛失や盗難による鍵交換の費用に対しても補償されることが多いです。ただし、所有者の都合で鍵を交換する場合には対象外になる場合もありますので、保険会社に確認してみましょう。

家財保険

家財保険は、火災保険にオプションとして含まれていることが多いです。火災保険はおもに建物に対する補償、家財保険はそのなかにある家具や財産の補償といった役割で<す。賃貸住宅の場合は建物の補償である火災保険には入らず、家財保険のみ加入するということもあります。

家財保険の補償対象は多岐に渡り、細かく設定できるものもあります。もし加入している場合は、鍵についての扱いがどうなっているか、補償内容を確認してみましょう。

保険の補償内容をきちんと確認したうえで加入を!

鍵のトラブルや交換は、保険で費用をカバーできる場合もあります。もしもこれからなにかしらの保険に入るのなら、鍵のトラブルに対応できる保険を選ぶのもひとつの選択肢でしょう。

賃貸・中古マンションを購入・リフォーム時はとくに防犯対策を!

マンションの鍵を交換する理由はさまざまです。鍵をなくしてしまったり、故障してしまったりといった仕方のない理由もあれば、防犯対策として鍵交換をしたいという場合もあるでしょう。防犯のために鍵交換が重要な理由を解説します。

賃貸・中古マンションの鍵交換はなぜ必要?

賃貸・中古マンションの鍵交換はなぜ必要?

賃貸マンションの入居時や中古マンションを購入したときには、鍵を交換するのが一般的です。前の入居者は退去時に鍵を返却しているはずですが、合い鍵を作るなどしてもっているおそれもあるからです。

賃貸の場合は前の入居者の退去後すぐに鍵交換がおこなわれ、新しい入居者が入居費用と一緒に鍵交換の費用を支払うというパターンが多いでしょう。そのため、入居時にはすでに鍵が新しくなっているのです。

分譲マンションの鍵交換は任意ですので、なにもしなければ前と同じ鍵を使い続けることになります。それでは防犯に不安がありますので、交換することが多いのです。

リフォームは鍵交換のタイミングに気をつけよう

中古マンションを購入した場合には、入居前にリフォームをすることも多いでしょう。そのリフォームと一緒に鍵交換もしてしまえば、鍵が新しくなった状態で入居することができます。しかし、これには少しリスクがあります。

リフォームの工事をしている期間は、鍵を業者に預けることになるでしょう。リフォームの工事には、互いに面識のない多くの業者が関わることもあります。そのなかの誰かが鍵をなくしてしまったり、合い鍵を作ったりすることもないとは言い切れないのです。

鍵の交換はリフォームの工事がすべて終わった後に、別におこなうのがよいでしょう。そうすればたとえ合い鍵を作られていたとしても、すぐに新しい鍵に変わってしまうので侵入はできません。

防犯対策以外でも鍵トラブルやお悩みは弊社へ!

鍵に関する悩みやトラブルがあるときには、弊社へご相談ください。弊社では、鍵をなくしたときの鍵開け、鍵の交換、修理、合い鍵の作成など、さまざまな鍵トラブルに対応できる業者をご紹介しています。

全国各地に加盟店があり、お近くの業者がすぐに駆けつけることができますので、緊急時でも安心です。それぞれに得意分野をもった多くの業者が加盟していますので、鍵の種類も家の玄関、車やバイク、金庫やロッカーなど、幅広く対応可能です。

相談や紹介、見積りは無料ですし、もちろん見積りを見てからキャンセルもできます。分譲マンションの鍵交換費用を抑えるために複数の業者から相見積りを取る際には、ぜひ弊社を候補のひとつに入れてみてください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー