鍵交換業者は自分で決める!評判?費用?あなたのツボ推す鍵屋とは?

鍵は防犯に関わるものですから、鍵交換業者を選ぶ際には安心して信頼できる業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者というのは大前提で、交換費用や対応の親切さなど、より満足のいく結果を得るには、ご自身のニーズに合った業者を選ぶ必要があるでしょう。

業者選びで妥協してしまうと、もっと安く済ませる方法や、より安価で防犯性の高い鍵などの選択肢を知ることができず、損をしてしまうかもしれません。

この記事では、鍵交換の業者をお探しの方に向け、鍵業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。より安く、防犯性や利便性の高い鍵に交換する際の参考にしてください。

【鍵の交換】業者を選ぼう!安心・信頼できるところとは?

安心、信頼できる鍵交換業者を選ぶには、評判のよい業者を選ぶとよいでしょう。鍵交換の業者は数多くあり、どの業者も基本的には信頼できる業者です。しかし、信頼できるからといってどの業者を選んでも必ず満足できるとは限りません。

満足するためには、自身がどんな目的で鍵交換をするのか、何を重視したいのかをしっかり把握しておく必要があるのです。ここでは、満足のいく鍵交換をするために必要なことをご紹介します。

鍵を交換するタイミング

【鍵の交換】業者を選ぼう!安心・信頼できるところとは?

まず鍵を交換する目的を整理しましょう。鍵の紛失や盗難、劣化、集合住宅での住人の転居など、さまざまな状況が考えられますが、どれも大きく2つの目的に分けられます。

1.防犯を目的とした交換

ひとつは防犯を目的とした交換です。タイミングとしては、鍵の紛失や盗難、住人の転居など、一度誰かの手に鍵が渡ったり、その可能性があったりする場合に交換するべきとされています。この場合、合鍵が作製されている可能性があります。悪意のあるなしに関わらず、知らない人が合鍵を持っているのは防犯上よいことではないでしょう。

2.利便性を目的とした交換

2つ目は利便性を目的とした交換です。鍵が劣化して開けづらくなってしまった場合や、多くの人が出入りするようになる場合におこなうことがあるでしょう。全員に合鍵を渡すとそのぶん紛失のリスクが高まるため、暗証番号や指紋認証などの方式に変更したほうがよい場合があるのです。

交換する目的がこのどちらなのかによって、とりあえず交換できればいいのか、違うタイプに変更するのかが変わってきます。業者によって扱える鍵の種類が異なる場合もあるため、どんな鍵に交換したいのか、目的を定めて種類を絞り込むことも満足のいく業者選びにつながります。

自分のニーズを知る

よい業者を選ぶために次に考えるべきことは、自分が何を重視したいのかということです。仮に「評判のよい業者」といっても、何の評判がよいのかは異なります。安さ、技術力、対応の早さなど、業者によって力を入れている部分が違うのです。

満足のいく鍵交換にしたければ、自分の重視したい部分を決め、そこに力を入れている業者を選ぶことが大切なのです。ここでは3つの視点で、業者の選び方のポイントを紹介します。

・安さ重視

安さを重視する場合、できるだけ多くの業者から現地で見積りをとってもらって比較するとよいでしょう。安くするためには多くの業者と比較する必要があるため時間はかかりますが、複数の業者から現地見積りをとることで、自分の状況での費用相場を知ることもできますし、業者の対応の親切さなど費用以外の部分も知ることができます。

・技術重視

技術力の高い業者を選びたい場合、インターネットなどで評判を知らべたり、業者のホームページで施工実績や口コミを参考にしたりするとよいでしょう。こちらも調べるのに時間はかかりますが、鍵の種類や、費用を抑えつつ防犯性を高めるための工夫などについて、じっくりと話し合うことができるでしょう。

・早さ重視

早さを重視したい場合は、店舗が近い業者を選ぶとよいでしょう。店舗が近ければそのぶん早く駆けつけてくれますし、出張費なども安くなるはずです。ただし、近い業者となると数が限られるため、安さや技術力も選択の幅は狭くなります。できるだけこだわりたい場合や、調べる時間もないほど急いでいる場合は、業者を紹介してくれるサービスを利用するのもよいかもしれません。

選び方を失敗すると……

よい業者を選ぶには、自身の状況に合う業者を選ぶことが大切です。選び方を間違えると、安くしたいのに防犯性の高い高価な鍵をオススメされて断り切れなかったり、防犯性を高めたいのに安価な鍵しか扱えず、複数の鍵を取り付けることになったりするかもしれません。

多くの業者から自分のニーズに合う業者を探すのは時間がかかりますが、後悔しないためにもできるだけ吟味して選ぶようにしましょう。

もし業者選びに手間をかけたくない、できるだけ多くの業者の情報が欲しい場合は、ぜひ弊社にご相談ください。全国にある多くの加盟店から、お客様のニーズに合う業者をご紹介致します。ご相談、お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

鍵の交換は自分でできる?

鍵交換は自分でおこなえる場合もあります。自分でおこなえば、業者に依頼するよりも費用を抑えられます。しかし、あまりおすすめはできません。うまくいけば安く済むかもしれませんが、場合によっては無駄に費用がかかってしまうこともあるのです。

ここでは、自分では交換できないケースと、自分で交換する場合の注意点についてご紹介します。

自分でできない場合

鍵の交換は自分でできる?

自分でできる場合もありますが、すべてがそうではありません。ここでは自分で交換できないケースをご紹介します。

・賃貸住宅

どこの鍵かにもよりますが、賃貸住宅の場合は基本的に自分では交換できないものと考えましょう。鍵交換は、物件の管理者の許可があれば可能です。交換したいのであれば、物件のオーナー、もしくは管理会社に連絡をとる必要があります。しかし、防犯に関わることですし、物件そのものに手を加えることにもなるため、素人が交換することは許可されない場合がほとんどでしょう。

・鍵の種類

鍵の種類によっては自分で交換できない場合があります。とくに、チェンジキーという特殊な鍵や電子錠など、構造の複雑なものは、技術的にもそうですが、メーカー側が交換できないようにしている場合もあるかもしれません。そういった場合は、業者、またはメーカーに相談しましょう。

交換方法と費用

交換できる場合は自分で交換してもよいかもしれません。ここで、簡単に鍵交換の手順と大まかな費用をご紹介します。

【手順】
  1. 新しい鍵を準備する。
  2. ドライバーを使ってネジを外し、取り付けてあるプレートを外す。
  3. シリンダーが落下しないように抑えながら、シリンダーに差し込んであるピンを抜く。
  4. シリンダーを取り外し、新しい鍵のシリンダーを取り付ける。
  5. ピンを差し込み、シリンダーを固定する。
  6. シリンダーやピンがズレないように気をつけながら、プレートをネジでとめる。
  7. 鍵を差し込んで、スムーズに動くかどうか確認して完了。

自分で交換する場合はシリンダーの費用だけで済むため、問題なく交換できれば安く済みます。シリンダーの価格は、種類にもよりますが、安いものであれば3,000円ほど、高価なものでは20,000円ほどとされています。

注意点

自分でおこなう場合、注意すべきことが2つあります。大きく分けて、鍵の選び方に関する注意と、作業する際の注意点です。

・鍵の選び方に関する注意

鍵を選ぶ際には、取り付けるドアなどの形状に適合するものを選ぶ必要があります。メーカーや型番、型番ごとのタイプなど、プレートや実際の形状を確認しながら適合するかどうか判断する必要があるのです。

・作業する際の注意点

シリンダーにはピンやネジなどの細かい部品があります。この部品をなくしたり、破損したりしてしまうと、交換ができないどころか、元に戻すこともできなくなってしまいます。シリンダーが落ちないように支えながら、細かい部品を丁寧に扱うのは簡単ではないでしょう。取り外した後も、一度ケースに入れたりするなどして、絶対になくさないように気をつけましょう。

鍵は返品不可!

先ほど挙げた鍵の選び方に関して、もうひとつ注意があります。それは、鍵の返品ができないことです。一度誰かの手に渡った鍵は複製されている可能性があるためです。間違えて適合しないものを買ってしまった、間違えて別のものを注文したなど、どんな理由があろうと、基本的に返品は受け付けてくれません。

もし返品を受け付けている販売者がいる場合、自分が買った鍵が複製されている可能性もあります。そういった販売者から購入するのは大きなリスクと言わざるを得ません。自分で交換する際には、鍵選びに細心の注意を払いましょう。

失敗したくないならプロに依頼するのが賢明

鍵交換を自分でおこなうことは可能ですが、ここまで述べたように、いくつかの重要な注意点があります。十分理解して調べて選んだとしても、知識や経験がないと、本当に正しいのかどうかも不安が残るものです。

万が一失敗すると、費用が倍かかってしまうこともあるため、そういった可能性を考えると、鍵業者に依頼するのが賢明でしょう。安い鍵業者をお探しの場合は弊社にご相談ください。お客様のご要望に沿った業者をご紹介致します。

鍵交換をするなら目的にあった鍵にしよう

鍵交換を業者に依頼する場合も、自分で交換する場合も、鍵の種類を決めるのは大切なことです。鍵自体の価格はもちろん、業者に依頼する際の費用も鍵の種類によって異なる場合があるのです。もちろん防犯性も種類によって異なります。

ここでは、鍵の種類を決める参考として、目的別に適した鍵の種類をご紹介します。

目的別の鍵の種類

鍵の交換は自分でできる?

玄関、金庫、倉庫など、部外者の侵入を防ぐ目的であれば、防犯性の高い鍵を選びましょう。安全や財産など、すべてを守る最初の砦ですので、ピッキングや複製のされにくい鍵が適しています。とくに、ディンプルシリンダー錠や、暗証番号、指紋認証、リモコン式などの電子錠がおすすめです。

室内の鍵などは防犯性よりも利便性が重視されるでしょう。内側からツマミなどを操作して施錠するタイプの鍵や、ディスクシリンダー錠、ピンシリンダー錠など、安価な鍵が適しています。

目的にあった業者と鍵を選んで交換しよう!

業者によっては取り扱えない種類の鍵もあります。また、鍵によって価格や作業費も大きく異なるため、どの種類の鍵に交換するかを決めるのも、鍵交換の業者を選ぶうえでは大切なことです。目的と重視することを決め、いくつかの業者に見積りをとれば、おのずとどの業者にすればいいのかが絞り込めるでしょう。

口コミや見積りの内容を比較して、自分のニーズとマッチする業者を選べば、きっと満足のいく鍵交換ができるでしょう。弊社では、相談、見積り、正式依頼前のキャンセル無料で、多くの業者のなかからお客様のニーズにマッチする業者をご紹介しております。複数の業者での相見積りも歓迎しておりますので、まずはお気軽にお電話ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー