鍵紛失!管理会社へすぐ連絡を!賃貸住宅でも費用は自己負担?

鍵紛失に気付いたら必ず管理会社へ連絡しましょう。なぜなら、下記のような理由があるからです。

  • 大家さんに連絡がとれれば鍵を貸してもらえる
  • 鍵屋に開錠してもらった場合も、火災保険で補償してもらえるかも
  • 鍵紛失による開錠や交換は、管理会社に許可を取る必要がある

「鍵紛失時には管理会社へなにを伝えればよい?」
「そもそも管理会社の連絡先がわからない!」
「夜中で大家さんが電話に出ないっ」

こんな時はどなたも慌ててしまうと思いますが、この記事にたどり着いたならもう大丈夫。賃貸マンションやアパートの鍵紛失時によくあるトラブルと、不要な出費を防げる最善の対処法をお伝えしていきますので、ざっと目を通してください。

「先に知っていれば……」という後悔をすることなく、最善の方法で解決できますよ

鍵を紛失したら管理会社への連絡が必須

賃貸住宅での鍵紛失時には、とるべき行動の流れがあります。余分な出費や入居時の契約に関わるトラブルなどを防ぐためにも、ベストな行動を選びたいですよね。
ここでは、鍵を紛失してしまったときの正しい行動を順にご説明していきますので、さっそく見ていきましょう。

落ち着いて、心当たりのある場所を探してみる

鍵を紛失したら管理会社への連絡が必須

紛失したと思っていた鍵は、予想外のところから出てきて見つかることもあります。服のポケットはもちろん車のドアポケットの中や座席の下、車外の周辺を始め、紛失してしまった日に行った場所などをもう一度くまなく探してみましょう。身近なところに落ちているケースもあります。

交番や警察に届いていないか確認

鍵を拾ってくれた第三者が警察へ届けてくれる可能性もありますので、最寄りの交番に行ってみましょう。その際に遺失届を提出しておけば、警察署から連絡がくるため鍵を受け取ることができるかもしれません。面倒に感じても遺失届の提出は忘れずにおこなっておくとよいでしょう。

鍵紛失の際は管理会社か大家さんへ連絡をする

鍵を紛失してしまったことが確定したら、すぐに管理会社へ連絡しましょう。スペアキーを貸し出してくれますので鍵を開けることが可能です。開錠に必要な案内ももらえるでしょう。

しかし、連絡先がわからないことや、管理会社が営業時間外の場合、深夜で大家さんに連絡をすることができないといった場合もあるでしょう。先方の都合ですぐには来てもらえないケースもあります。そういったときには、以下でご紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

管理会社の連絡先確認方法

賃貸住宅にお住まいの場合は、管理会社の連絡先がエントランスなどに貼られていることがあります。エントランスなどを確認しても連絡先がわからない場合には、大家さんや契約した不動産会社に確認してみましょう。

管理会社へ伝える内容

鍵を紛失してしまった場合には、交換が必要になるケースがほとんどです。しかし、自宅の中にスペアキーがある場合にはひとまず開錠だけをしてもらうか、安全面や防犯面にも考慮して新しい鍵にするのかなど、応えてほしい要望を詳しく伝えるのが大切です。 鍵紛失時に管理会社に連絡する際には、上記を意識して連絡しましょう。

確認しておくこと

・いつごろきてくれるか
管理会社に連絡を入れてからどれぐらいの時間で駆けつけてもらえるのか確認しておきましょう。管理会社は現場への到着後、スペアキーで開錠してくれます。

・費用
管理会社を呼んだ際にかかる費用には、出張費や施工費があります。緊急時には現金を持ち合わせていない場合もあるでしょう。クレジットカードの使用ができるのかも確認しておくとよいです。

・準備しておくもの
本当にその家の借主であるのかを確認できるように、身分証明書を用意しておいてください。身分証明書だけでよいのかを確認し、管理会社の到着を待ちましょう。

鍵紛失!管理会社と連絡が取れないとき

一番困ってしまうのが管理会社と連絡がつかなかった場合です。鍵紛失はいつもと違う行動をすることが多い休日や夜間におこりがちですので、大家さんへの電話が繋がらないといったケースは少なくありません。このような緊急時には、鍵屋などの業者に依頼することになります。

鍵屋への依頼時に必要なものは身分証明書現金です。
先述のように開錠に来てくれるスタッフはカード払いに対応していないことも多いため、開錠後の室内にも現金がないならATMなどで引き出しておくと安心です。

鍵屋の利用料金については、次章やこちらの記事を参考にしてみてください。
料金のご案内

また、管理会社への連絡が取れていない状況においては、鍵屋に依頼するのは開錠までにしましょう。鍵紛失トラブルでは防犯上、最終的には鍵交換するのが安全のためですが、管理会社に許可なく交換することはご法度です。

最後に、鍵屋を利用して開錠できたら事後報告でも構いませんので、鍵を紛失し開錠してもらったことを管理会社へ連絡しましょう。

鍵屋に依頼する際の費用については、のちほど詳しく説明させていただきますが、開錠にかかる費用を知るためには施工前にきちんと見積りをとることが大切です。見積りは複数の業者で比較ができればサービスごとの費用の違いが確認できますが、緊急時にはそうもいかないでしょう。

そういったときは、ぜひ弊社の無料見積りやフリーダイヤルをご活用ください。初めての方にも分かりやすい料金体系になっておりますので、目安を知りたい方にも安心してお使いいただけるはずです。ご相談やお見積りのみのお問い合わせにももちろん対応しております。

ささいなことでも構いませんので、鍵紛失に関わるトラブルを未然に防ぐためにもお気軽にご相談ください。

鍵紛失したら交換をするべき理由と費用負担について

鍵を紛失してしまった場合、防犯上の理由で鍵交換をする必要があります。自宅近辺で鍵を紛失したおそれがあるときや、住所がわかるものと一緒に紛失したとき、第三者に悪用されてしまう危険性があるからです。

部屋への侵入や盗難などの被害を防ぐため、鍵を紛失してしまったら安全のため鍵交換するのが一般的です。賃貸であれば退去時に鍵の返却義務もあることから、紛失した場合は鍵交換が必須となるでしょう。

そこで知っておきたいのは「誰が費用を負担するのか」ということと、鍵の開錠・交換にかかる費用相場です。オートロック物件にお住まいの方などは、とくに気になるのではないでしょうか。

鍵トラブルには火災保険が適用されるケースもありますので、くわしく見ていきましょう。

賃貸マンションやアパートの鍵交換費用は誰が負担するの?

賃貸の鍵の紛失、費用の負担はどうなる?

賃貸マンションやアパートの鍵を紛失してしまった場合、鍵の開錠や交換で発生する費用は自己負担となります。賃貸物件の鍵紛失は居住者の過失とみなされるため、開錠にかかる費用の負担は居住者がおこないます。

しかし、盗難などの場合は証明できるものがあれば火災保険が適用されます。最近は紛失の場合でも補償してくれる保険も増えています。次で詳しく説明いたします。

開錠の際に火災保険が適用されるケースもある

賃貸住宅に入居する際に火災保険に入っていれば、補償が適用されて無料で開錠をおこなってくれる場合があります。加入した保険内容を確認してみるとよいでしょう。火災保険の内容は、保険会社はもちろんのこと、管理会社不動産会社などにも確認できます。

オートロック物件で鍵を紛失した場合は要注意!

オートロック機能付きの鍵を紛失してしまうと、すべての部屋の鍵交換をしなければならないケースもあります。オートロックの場合は、同じ鍵でマンション・アパート内の共同スペースに入れる場合があるからです。
物件にもよりますので、管理会社や大家さんに確認しましょう。

また、この場合すべての部屋の鍵交換にかかる費用を、全額負担しなければならないおそれもあります。先述したように火災保険が適用可能な場合もありますので、オートロック物件で鍵紛失をしたら必ず、管理会社や保険会社に契約内容を確認するようにしましょう。

知ってる?賃貸の鍵ルール

●合鍵は許可なく作成してはいけない
原則、管理会社への許可が必要。管理会社にしか用意できないタイプも増えている。

●退去時には合鍵もすべて返却する必要がある
紛失したのが自分で用意した合鍵であっても、退去時には返却する義務がある。

今すぐ開けて欲しい!鍵屋はオートロックも対応できる?

弊社ではどんな鍵にも対応可能となっております。24時間365日お問い合わせしていただけますので、お困りの際はぜひご利用ください。オートロック機能のついた鍵の開錠にももちろん対応可能です。お客様のご要望に沿うことが可能な加盟店スタッフを手配いたします。

鍵紛失でかかる料金

鍵紛失で開錠や鍵交換をする際には、いくらぐらいかかるのかを先に確認しておきたいですよね。しかし、鍵屋の利用は日常的なものではないため、相場はなかなか把握しにくいものです。慌てて依頼することも多く、そういった状況を逆手にとられてしまうこともあるかもしれません。

なんとなく目についた業者を選んだ結果、思わぬ追加料金にビックリ!なんてことにならないよう、鍵業者の費用相場や良心的な鍵屋を見抜くポイントなどを知っておきましょう。鍵業者のホームページはもちろん、口コミサイトなども閲覧すると実際に利用した方の内容や費用を知ることができるためおすすめですよ。

以下にて、鍵の開錠と交換それぞれで必要になる費用を、内訳や鍵の種類別にくわしく見ていきましょう。

鍵の開錠にかかる費用相場

紛失した鍵が見つからないなら!鍵の交換を検討しよう

鍵を紛失して開錠を業者に依頼すると、およそ2,500~15,000円ほどの費用がかかります。鍵業者は料金システムが複雑な面もあり、これはあくまで費用相場となりますので、依頼する前に各業者のホームページなどで事前に確認しておきましょう。

開錠費用は鍵の種類によって大きく変わります。ギザギザしているディスクシリンダーキーの場合は比較的安価に済みますが、防犯効果の高いディンプルキーの場合は費用が高くなるため、相場にも差が出てくるのです。

例えば、シリンダーキーなら3,000円台から、電子キーなら4,000円から10,000円台となることが多く、ディンプルキーなど防犯性の高いものであれば5,000円台から30,000円前後までと幅広くなっています。

鍵には膨大な種類がありますので、具体的な料金を知りたいなら以下の内訳表などを参考に、問い合わせてみるとよいでしょう。

鍵の開錠費用│内訳と注意点
技術料金
3,500~数万円台
・鍵の種類によって難易度が違うため料金に幅がある
・業者によって基本料金が違う
出張費・キャンセル料
無料~3,000円+@
・地域や、業者によって設定が違う
見積り後にキャンセル料を取るかは業者によるため注意
深夜早朝・休日料金
5,000円前後
・夜間や早朝、土日祝に依頼すると発生
(これらも業者や時間帯によって違う)

鍵交換にかかる費用相場

鍵交換で必要となる費用は、およそ10,000円~40,000円です。開錠料金と同じく、交換の場合もやはり鍵の種類・業者の料金設定よって大きく異なります。
鍵交換で必要になる費用と注意したいポイントは、下記のような内容です。

鍵の開錠費用│内訳と注意点
部品代
2,500円~数万円
・鍵本体とドア側シリンダーなどの価格
(安価なシリンダーキーから高額な電子キーまでさまざま)
技術料金
3,500~数万円台
・鍵の種類によって難易度が違うため料金に幅がある
・業者によって基本料金が違う
出張費・キャンセル料
無料~3,000円+@
・地域や、業者によって設定が違う
見積り後にキャンセル料を取るかは業者によるため注意
深夜早朝・休日料金
5,000円前後
・夜間や早朝、土日祝に依頼すると発生
(これらも業者や時間帯によって違う)

上記を参考にしつつ、業者サイトやフリーダイヤルなどから料金が分かりやすく納得のいく鍵屋を探してみましょう。急ぎで1、2件しか比較できなかったとしても、ここまでご紹介したポイントを確認していけば、優良業者を探しあてるヒントになるかと思います。

「全く時間がない!」という方は、弊社にお任せください。弊社では、鍵の開錠、交換に関するお見積りをいつでも無料で承っておりますお見積り後のキャンセル料も発生しませんので、安心してご利用いただけます!
コールセンターへのお問い合わせは24時間365日受付ておりますので、素早い対応が可能です。賃貸住宅の鍵を紛失してしまい緊急事態!という方は、まずは弊社にご相談ください。

お客様からのご相談後は、迅速かつ丁寧に現地調査をさせていただき、明確な内容で見積りを算出いたします。ディスクシリンダーキーディンプルキー、オートロックなど、どんな鍵にも対応可能となっておりますのでぜひご利用ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-7945

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー