解錠と開錠の違いを知りたい!鍵トラブル時に適切な対応方法とは?

「解錠」と「開錠」は、二つとも鍵を開けることを指しています。しこれは漢字の変換ミスなどではなく、鍵を開ける方法に明確な違いがあるのです。それぞれにメリット・デメリットがあるため、どんな違いがあるのかをきちんと理解しておく必要があります。

そこで本記事では解錠と開錠の違い、自分で解錠できる方法、業者を選び方について解説していきます。

この記事を読むことで、ぜひ、急な鍵のトラブルに適切な対処ができるよう参考にしてみてください。

>解錠と開錠、じつは意味が少し違います

突然、鍵が開かなくなってしまったとき、本当に困りますよね。すぐに解錠をおこないたい方も多いのではないでしょうか。

その場合、業者に依頼することをおすすめします。しかし、解錠と開錠では意味が違い、鍵を壊さずに開けるのか、壊してでも開けるのか、目的によって選ぶ必要があるのです。

まずは解錠と開錠の違いを解説するので正しく理解しましょう。そのあと、業者に鍵開けを依頼する際の注意点も紹介していきます。

解錠と開錠の違い

「解錠」と「開錠」の違いは以下のとおりです。

  • 解錠:鍵を壊さずに開けること
  • 開錠:壊してでも鍵を開けること

このような違いがあるため、状況によってどちらで対応するのか決める必要があります。

解錠したほうがよいケースは、鍵は室内にあるが、紛失など限定的に今開けることができない場合などです。開けることさえできれば、鍵の交換など必要がないためです。

また、部屋の中で人が倒れているなど、緊急性の高い場合などは開錠をおこなったほうがよいケースといえます。開錠では鍵を壊すものの、すぐに鍵を開けることができるためです。

解錠のメリット・デメリット

解錠のメリットとしては、やはり鍵を壊さないことでしょう。開けることができてしまえば、同じ鍵をまた使うことができます。鍵を紛失してしまっていても、鍵穴さえあれば合い鍵はつくることができますので、そのまま鍵を使うこともできます。

デメリットとしては、セキュリティが高い鍵のような開けることが困難であった場合は、解錠にかかる作業時間が長くなってしまうことです。

また、鍵を紛失してしまうと、鍵を他人に拾われてしまうおそれもあります。鍵を交換していなかった場合は、拾われた鍵で悪用されるリスクもあるので注意が必要です。

開錠のメリット・デメリット

開錠のメリットとしては、解錠よりも細かい作業を必要としないため、緊急性の高い場合など、鍵をすぐに開けることができます。デメリットとしては、鍵自体を壊すことになるので、あたらしい鍵を作り直す必要があることです。

しかし、開場したほうがよいというケースもあります。室内に人がいて救助する場合など、緊急性の高い場面では、開けるために手段を択ばない、開錠ならではの早さが役立つでしょう。

業者に鍵開けをお願いするときに注意したいこと

業者に依頼する際は、解錠して鍵を壊さずに開けたいのか、開錠してでも早く開けたいのか希望を明確化しておく必要があります。作業に入る前に、開ける方法を事前に確認しておくとよいでしょう。

理由として、開錠によって鍵を壊したことで、あたらしい鍵をつくることになり余計な費用がかかることになるためです。また、解錠を依頼したもののセキュリティ面で開けられない場合などありますので、事前に希望を伝えておくことが大切です。

鍵のトラブルにあった際は、弊社にご相談ください。弊社には、鍵開けをおこなっている業者が複数加盟しております。そのため、ご相談いただければ、全国各地にある加盟店からお客様にあった業者を紹介することができます。

ご依頼の際は、お見積りをとり、作業内容にご納得していただいて、初めて作業に取り掛かります。業者が作業に入るまでは費用はかかりませんので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

自宅や車の鍵…自分で解錠することはできる?

「鍵を開けるだけの解錠であれば自分でもできる」と考えている方もいるのではないでしょうか?確かに、鍵穴にゴミが詰まっているなど、改善できれば自分で鍵を開けることができる場合もあります。

しかし、自分で無理に鍵を開けようとして、かえって鍵の故障につながってしまう場合もあるのです。そこで、自分で鍵を開けたい場合におすすめの方法を紹介していきます。

また、鍵を開ける方法は、状況によって対処は変わってくるため、注意が必要です。ここでは、自分で解錠しようとチャレンジしたときの失敗例も紹介していきますので、自分で解錠する際の参考にしてみてください。

鍵を紛失したとき

鍵を紛失したとき

鍵を紛失した際は、一度冷静になる必要があります。焦ることで冷静な判断がむずかしくなるためです。まずは、衣服やカバンなどを確認しましょう。見つからなければ、自分の一日の行動を振り返るとよいでしょう。その際、最後に鍵を見たのはいつかを考えてみることです。なかなか思い出すことは簡単なことではありませんが、途中で寄った場所などがあれば、電話をして保管されていないか確認をとりましょう。

それでも見つからなければ、警察に相談することをおすすめします。遺失届けといって、落とし物をした際に警察に届けを出すことが可能です。また、遺失届けは、警視庁ホームページからダウンロードできますので、事前に用意するか、警察署に立ち寄った際に相談するとよいでしょう。

紛失物は、届け出のあったものであった場合、お住まいの地域の、警察署ホームページからスマーとフォンで検索することも可能です。

普段から鍵の紛失に備え、合い鍵を持っておくことで紛失時のトラブルには対応できます。また、合い鍵があれば開錠して鍵を壊す必要もありません。

しかし、鍵が無事に戻ってきた場合には、鍵を複製されているおそれもあるので注意が必要でしょう。合い鍵でトラブルを一時的に避けた場合にも、元の鍵を誰かが拾って使うというトラブルが発生することも考えられるのです。

ほかにも、車の鍵を失くしたケースでは、ディーラーか業者に依頼することをおすすめします。ディーラーに相談した場合、一般的に鍵をその日に用意して解錠することはむずかしいとされているため、鍵を一旦開けたい場合は業者に依頼することになります。

しかし、鍵の種類がイモビライザーキーであった場合は注意が必要です。車の鍵として採用されているイモビライザーキーとは、鍵にイモビチップという小型のICチップを搭載した鍵です。このタイプは、車本体にはIDコードがついており、イモビチップとIDコードが紐づけされている仕組みです。

イモビチップと車本体のID、この二つが合致して初めてエンジンがかかる仕組みとなっているため、車の鍵を開けることができても、エンジンがかけられないこともあるのです。

しかし、ディーラーから鍵をもらうまでに、車内の貴重品などあれば、回収できるメリットはあります。業者によっては鍵のイモビチップを複製できる場合もあるので、依頼する際、確認してみるのもよいでしょう。

鍵はあるけれど開かないとき

「鍵があるのに開かない……」このようなときは、初歩的なミスで開けられないだけであったり、長年の使用で鍵穴が劣化したりしているなど、さまざまな理由が考えられます。

まず、鍵は刺さるのに鍵が回せない場合は、違う鍵を使っていないか確認してみましょう。形状が似ているだけで違う鍵を使っているかもしれません。

また、鍵穴に埃や砂が詰まっている場合も、鍵が回らないケースもあります。この場合は、歯ブラシや掃除機でゴミを取り出すことで、鍵を開けることができる可能性があります。

そのほかにも、雨に濡れた鍵などを普段から使用していることで、鍵穴に水分がたまりがちになることがあります。これは、内部のパーツがサビつく原因となり、劣化した鍵穴は開けにくくなってしまうのです。

鍵穴が回りづらい場合の応急処置をひとつ紹介します。鉛筆の芯を鍵の凹凸部分に強くなぞってみると滑りがよくなることがあります。これは、鉛筆の芯に含まれる黒鉛が理由です。黒鉛は潤滑油の代わりとなり、鍵をスムーズに開けることができるのです。

無理は禁物…鍵開け失敗例

鍵が開かないからといって無理に開けるのはおすすめしません。無理やり開けようとした場合、鍵が中で折れてしまうおそれもあるためです。この場合、鍵の回りが悪いと、つい潤滑油を鍵穴に使いたくなるのですが、じつは逆効果となってしまいます。

なぜかというと、市販で売っている潤滑油は鍵穴用ではないため、これがかえって中の埃や砂を固める行為となってしまうのです。また、埃や詰まりを取り除こうと爪楊枝(つまようじ)などを使い、誤って中で折れてしまうこともあります。

こうなると、折れたつまようじを取り出すことになり、余計な手間となってしまうでしょう。また、最悪の場合、中で爪楊枝の欠片が詰まってしまうことも考えられます。

自分ではどうしようもない!どんなときは…

鍵を開けたいが自分ではどうしようもない場合はあります。そんなときに、無理して開けようとすることはあまりおすすめできません。間違った方法で解決を急ぐと、かえって鍵穴の故障につながり、結果的に開錠するしかないということにもつながります。

そのため、まずは業者に相談してみてはいかがでしょうか。弊社であれば、24時間365日お電話を受け付けております。緊急の事態にも、お客様に合った業者を紹介することができます。

施錠は大切!鍵トラブルは業者に任せて安心

鍵を自分で無理やり開けようとすることは、かえって鍵の故障につながってしまうことがあります。鍵のトラブルは、業者に依頼されることをおすすめします。ここでは、業者を選ぶポイントや一般的な費用相場を紹介していきます。ぜひ、業者に依頼される際の参考にしてみてください。

業者を選ぶときに気をつけたいポイント

業者を選ぶときに気をつけたいポイント

実際に業者を選ぶ際に抑えておきたいポイントがあります。まずホームページで業者の雰囲気や作業にかかる費用の目安がつくでしょう。その際は、資格の有無にも注目するとよいです。

鍵師の資格は、プロの知識と適切な技術の証明にもなっています。鍵師の在籍のない業者では、鍵師を下請けの会社から雇う場合もあり、仲介手数料が余計にかかってしまいます。そのため、余計な費用がかかることを避けるためには、鍵師の情報が記載されているか確認しておく必要があります。

また、事前に見積りをとることが大切です。作業にかかる費用が具体的にわかるうえ、解錠か開錠を希望するのかなど,見積りの段階で相談することで、あとでトラブルになることを避けることができます。

鍵開けの費用相場

一般的な費用相場として、住宅などの鍵開けであれば、8,000円~15,000円程度かかるようです。また、車の鍵開けであれば9,000円~17,000円程度の価格となっています。

ただし、作業にかかる費用は、解錠であるか開錠なのかによっても変動するほか、鍵をあたらしくつくる場合も費用はあがるので注意が必要です。

鍵のトラブルはまとめてお任せ!

急な鍵のトラブルにあってしまうと、パニックになりがちですが、落ち着いて対処する必要があります。鍵はデリケートな部品です。そのため、無理に自分で開けようとした場合、鍵を壊してしまうこともあるのです。

そのため、安全に鍵を開けたい場合は業者に依頼することをおすすめします。鍵のトラブルは弊社にまとめてお任せください。

鍵お助け隊では、どんな鍵でも対応が可能です。また、弊社では年中無休でお電話でのご相談を受け付けております。まずはお気軽にご相談ください。弊社であれば、お客様に合った業者を紹介することができます。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー