チェンジキーシステムとは?コスト削減とセキュリティ向上で安心!

最近、チェンジキーシステムという新しい鍵のシステムが導入されることが増えてきました。チェンジキーシステムとは、防犯性能が非常に高い最新式の機構を使っているもので、ランニングコストが非常に低いことが特徴です。

チェンジキーシステムを導入することは、入居者にもオーナーにもメリットをもたらします。しかし鍵の交換や導入をしたことがない人では、「チェンジキーシステムはどこに依頼をして取り付けるのが一番よい方法なのか」「実際にどうやって運用するのが適切なのか」よくわからないかと思います。

このコラムは、チェンジキーシステムについて詳しくお話します。大切なご自宅の防犯性を高めるためにも、ぜひご一読ください。

チェンジキーシステムとは

チェンジキーシステムとは、鍵穴を交換することなく鍵を変更できる新しい鍵のシステムです。鍵穴を交換する必要がないため、ランニングコストを低くすることができます。では具体的にチェンジキーシステムとはどのような鍵のことを指すのでしょうか。

チェンジキーシステムの仕組み

チェンジキーシステムの仕組み

チェンジキーシステムの仕組みはとても複雑にできており、防犯の性能も高いです。

チェンジキーシステムの鍵穴は、専用のチェンジキーを挿すことによって“リセット”します。その後、新たに使いたい鍵を挿入することによって新たな鍵が“記録”され、以降はその新しい鍵でしかその鍵穴は開けられなくなるのです。

チェンジキーシステムは鍵穴を交換することなく、鍵の交換のみで解決することができるようになっています。そのため、入退去時にかかる金額が少なく、賃貸住宅などで導入されていることが増えてきました。

豊富なパターンでスピーディーに交換可能

チェンジキーシステムのメリットは金銭面だけではありません。鍵の凹凸の細かい違いも認識して記録するため、ほかの鍵穴と類似することが少なく、鍵の組み合わせは2億通り近くあるといわれています。

さらに専用のチェンジキーを使えば新しい鍵に変更できます。そのため、もしも鍵を落としてしまってもすぐに鍵を交換して防犯性を守ることができます。

マスターキーや逆マスターキーも作成可能

チェンジキーシステムはチェンジキーだけでなく、すべての鍵穴を開錠のみできるマスターキーにも対応しています。それだけでなく、マンションの玄関に使われるような逆マスターキーも作成することができます。

逆マスターキーとは、自宅の鍵をマンションの共用玄関などに挿入することで、その玄関のロックを解除できるシステムのことを指します。逆マスターキーはマンションだけでなく、寮や社宅にも使われることがあります。

逆マスターキーはひとつの鍵でふたつの役割を果たすので、居住者にとって便利なシステムになります。チェンジキーシステムは、これらの機能も取り入れることができるので、導入することのメリットはとても多いでしょう。

チェンジキーシステムの3つのメリット

チェンジキーシステムを導入することのメリットは大きくわけて3つあります。チェンジキーシステムを導入したくなるようなメリットをご紹介します。

【特徴1】不正開錠を防ぐ優れた防犯性能

【特徴1】不正開錠を防ぐ優れた防犯性能

チェンジキーシステムは、ほかの鍵と比べて非常に高い防犯性能をもっています。鍵以外のものが侵入するのを防ぐ部品がついているので、ピッキングにも強いです。また、万が一鍵以外の何かが鍵穴に侵入してきたとしても、鍵穴内のピンは2億通り近くあるため、ピッキングはほぼ不可能だといえるでしょう。

【特徴2】鍵トラブルへの対応の速さ

もしも鍵に何かあった場合には、チェンジキーを挿して新たな鍵にすることができます。チェンジキーを挿すことによって、以前使用していた鍵は使用することができなくなりますので、落としてしまった場合でも心配する必要はありません。簡単に鍵を交換できるので悪用を防ぐことが可能です。

【特徴3】入退去時の管理コスト削減

チェンジキーを導入することは、オーナーにとって大きなメリットがあります。今まで入退去時には大きな金額を払って鍵穴を変えるという形でした。

しかしチェンジキーシステムを導入することによって、鍵穴ではなく鍵の交換だけで済ませられるようになりました。チェンジキーシステムの導入はそう安価なものではありませんが、交換の機会が多くなるほどランニングコストが削減されるでしょう。

チェンジキーシステム導入にかかる費用

チェンジキーシステムはとても便利な鍵のシステムだということをご紹介しました。では気になるのは導入にかかるお値段ですね。

チェンジキーシステムの導入にかかる費用相場

チェンジキーシステムの導入にかかる費用相場

チェンジキーシステム導入の相場は、ひとつで24,000円~32,000円程度となります。通常の鍵の交換よりは高い値段になっていますが、チェンジキーの利点はランニングコストの低さにあります。チェンジキーの鍵交換は、3本セットの子鍵を4,000円ほどで購入すれば完了します。10,000円以上の費用をかけてシリンダーごと鍵を交換するのに比べ、非常にお得なのです。

まずは、鍵に詳しいプロへ相談してみよう

チェンジキーシステムの導入は簡単な作業ではないため、自らの手でおこなうことはおすすめできません。より確実に防犯性能を高めるためにも、プロにお任せして取り付けをするようにしましょう。

鍵に関するお困りなら鍵お助け隊にお任せください。経験を積んだ加盟店スタッフが責任をもって対応いたします。チェンジキーシステムの導入だけでなく、鍵穴の修理など鍵に関するさまざまなトラブルに対応しますので、まずはお気軽にお問合せください。

まとめ

最近増えてきているチェンジキーシステムについてお話しました。チェンジキーシステムは挿し込む鍵のほうを新しいものに取り替えるだけで、これまで使用していた鍵は使えなくなるという防犯性の高い鍵です。

鍵を取り替える必要ができたときには、鍵穴のほうは交換する必要がないため、コストも抑えることができます。

そのため、チェンジキーは戸建住宅や集合住宅、どちらで使う場合でも使用者に多くのメリットがあるといえるでしょう。「防犯性を少しでも高めたい……」「入居者がでていくたびにかかる鍵の交換費用を抑えたい……」そういった悩みを抱えている方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

チェンジキーへの交換は、鍵業者に依頼することをおすすめします。なぜなら、一度取り付けてしまえば将来的にかかる費用は抑えられるものの、はじめに取り付ける際の費用は、ほかの鍵と比べて少しだけ高いからです。

鍵の交換に関する知識や経験が少ない人が作業をすれば、交換作業に失敗して購入したチェンジキーが使えなくなるおそれもあります。チェンジキーへの交換は、ぜひ鍵業者に依頼しましょう。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー