ロッカーの鍵が開かない!解錠方法や注意点、プロに頼む場合の費用も

毎日使っているロッカーの鍵が開かなくなったときは、焦りますよね。無理やり力任せに開けようとしがちですが、もっと鍵が開けづらくなるかもしれません。

ロッカーの鍵が開かない原因はさまざまで、鍵が変形していたり、鍵穴に汚れがつまっていたりすることもあります。また、シリンダー自体が故障していることもあるのです。

そこで今回のコラムでは、ロッカーの鍵が開かないときの対処法をご紹介します。原因を知るために確認したいことや業者に依頼する場合の費用をご説明しますので、ぜひお役立てください。

ロッカーの鍵が開かないときのチェック項目

ロッカーの鍵が開かない原因は意外なところにあるものです。まずはロッカーの鍵が開かない場合のチェック項目をご紹介します。ぜひご参考にしていただいて原因を調べてみてください。

違う鍵で開けている

違う鍵で開けている

違う鍵を使っていたため鍵が開かなかったということが、よくあります。キーケースや鍵束で管理している場合は、今一度、鍵が合っているか確認しましょう。

鍵が変形している

お使いの鍵をよくみてみると、鍵が曲がっていたり、削れていたりするなど、鍵の形が変形していることがあります。また、長年同じ鍵を使用し続けていると、鍵の回りが悪くなることがあるのです。鍵の形状を確認してみて、もし曲がっているときは、鍵がきちんと鍵穴にささらなくなっているかもしれません。

鍵や鍵穴にホコリやゴミがつまっている

使用している鍵にホコリや汚れがついていると、鍵の回りが悪くなることがあります。また、汚れた鍵を使用すると鍵穴内部にも汚れがついてしまい、鍵が開かなくなることがあるのです。

鍵穴が錆びている

鍵に水分がついたまま使用し続けていると、鍵穴が錆びてしまい開かなくなることがあります。また、長年同じシリンダーを使い続けていると、錆が発生してしまうことがあります。

暗証番号を間違えている

ダイヤル式の鍵を使っている場合は、ダイヤルの暗証番号を間違えていて、鍵があかないのかもしれません。再度暗証番号を確認してみましょう。

電池が切れている

電子タイプの鍵であれば電池が切れているため、鍵が開かないのかもしれません。この場合は通常のアナログキーで解除するか、電池交換をおこなう必要があります。

紹介したなかのどの原因にも当てはまらない、または自分では判断がつかないということもあるかもしれません。そんなときは、一度業者に相談することをおすすめします。

ロッカーの鍵が開かないときは、まずは弊社まで一度ご相談ください。鍵お助け隊は、お客様のお近くの加盟店業者をご案内させていただいています。

無理やりは厳禁!ロッカーの鍵を自分で開ける方法は?

次はロッカーの鍵を自分であける方法や、してはいけない対処法を紹介します。鍵について正しい知識がなければ、さらに故障してしまうことがあります。ご自身でおこなう場合は、難しそうだと感じたら業者に依頼しましょう。

開かないロッカーの鍵を自分で開ける方法

開かないロッカーの鍵を自分で開ける方法

開かない鍵がピンタンブラー錠であれば、自分で開けられるかもしれません。ピンタンブラー錠とは、長さの違うピンがすべて同じ高さになったときに開く鍵です。軽く衝撃を加えたとき、偶然にピンの長さがそろえば鍵が開く場合があります。

また、ドアの種類によっては、六角レンチで開けられるかもしれません。六角レンチを鍵に入れて回してみます。ただし無理に力を加えて開けようとすると、動作不良をおこして故障するおそれがありますのでご注意ください。

ゴミやホコリがつまっていて鍵が開かない場合は、エアダスターを使って取り除きます。エアダスターとは、圧縮した空気を噴き出して、ホコリや汚れを風圧で吹き飛ばすものです。

鍵穴専用潤滑剤を鍵穴に入れると、鍵穴の滑りがスムーズになり、鍵を開けられることがあります。鍵穴専用潤滑剤は、鍵の抜き差しをスムーズにおこなうための潤滑剤です。ただし、他の種類の油では代用はできません。かならず鍵穴専用のものを使うようにしましょう。

鍵が開かないときにしてはいけない対処法

ロッカーの鍵が開かないと、自分で解決しようといろいろ試みることでしょう。しかし、鍵に対する正しい知識を持っていないばかりに、力づくに開けて壊す、または鍵穴に汚れが余計にたまってしまうことがあるのです。ここでは、鍵が開かないときにしてはいけない対処法をご説明します。

・力任せに鍵を回す
時間がないときに急いでロッカーを開けようとして鍵が開かないと、無理に力づくで開けようとする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、鍵が曲がってしまうおそれがありますし、場合によっては、鍵が折れてしまい鍵穴がつまってしまうこともあるのです。

・一般的な潤滑油を使用する
潤滑油というと、自転車のチェーンや機械などにさすものをイメージするかもしれません。しかし、一般的な潤滑油を鍵穴に使用してしまうとホコリが付着し、故障の原因となります。

そのため、潤滑油は鍵穴専用のものを使用しましょう。パウダースプレーのようになっているため、ホコリがこびりつかず、鍵をさしやすくすることができます。

・つまようじなどを使って鍵穴の汚れをとる
先がとがった棒などがあれば、鍵穴の掃除ができそうに思いがちです。しかし、つまようじなどを使うと、鍵穴の中で折れてしまい、シリンダーの故障につながるおそれがあります。

また、縫い針など硬い金属を鍵穴に差し込むと、鍵穴が傷ついてしまいます。こちらも同様に控えてください。

以上の方法でもご自身で鍵を開けられなかったときは、業者に鍵開けを依頼することをおすすめします。故障がこれ以上悪化することのないように、業者に解決をしてもらいましょう。

鍵お助け隊では、鍵が開かないときなどの鍵トラブルをスピーディに解決いたします。ロッカーの鍵が折れてしまったときでも対応しております。まずは一度ご連絡ください。

鍵のプロならスピーディに鍵問題を解決!

ロッカーの鍵が開かないときの対処方法をご紹介しました。鍵の形状によっては自分で開けられることもあります。しかし、鍵が開かない原因がわからないとき、または自分で開けようと試みたものの開きそうにないというときは、プロに開錠を依頼してみてはいかがでしょうか。

業者ならスピーディに鍵開けが可能

業者ならスピーディに鍵開けが可能

鍵開けを業者に依頼すると、短時間で鍵を開けてもらえます。形がギザギザとした一般的な鍵(ディスクシリンダー)であれば、現地に到着してから30分から1時間ほどで開錠できるでしょう。

鍵のお助け隊では、受付は毎日24時間おこなっております。いつでもご連絡ください。弊社加盟店業者が最短5分で駆けつけ、最短で30分で鍵開けをさせていただきます。

鍵開けに係る費用に相場

業者に鍵開けを依頼したとき、かかる費用は作業代と出張代です。作業代は、一般的な鍵は8,000円から12,000円ほど、ディンプルキーなどの特殊形状の鍵は、12,000円から15,000円ほどが相場になっています。出張費は2,000円前後が相場のようです。

長年使用した鍵は交換が必要な場合も

鍵は毎日使うため、長年の使用で鍵がすり減り、シリンダーの回りが悪くなることもあります。鍵の平均寿命は約10年です。そのため、劣化したロッカーの鍵は交換が必要になることもあります。

鍵の交換は業者に依頼することをおすすめします。鍵屋はさまざまな種類のシリンダーを取り扱っていますので、どんな鍵に交換すればよいのか的確なアドバイスをいただけるでしょう。

鍵お助け隊では緊急での鍵開け対応ができます。弊社加盟店業者がいち早く駆けつけて鍵開けをいたします。鍵が開かないというトラブルが発生したときはまずはご連絡ください。

また、鍵の開錠だけではなく鍵の交換などさまざまな鍵のご依頼に対応可能です。お見積りは無料で作成させていただきますので、ご予算をふまえてぜひご検討ください。ささいなことでも疑問に思うことがございましたら、ご遠慮なさらずにお声がけください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー