鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

鍵を紛失していまい、困ってはいませんか。鍵の紛失トラブルは、鍵の作成・交換をすることで解決することができます。鍵の紛失を放置すると、防犯トラブルも出てくるので、早めに対処しましょう。

この記事では、鍵作成や交換に関する費用や、鍵の紛失予防策を紹介しています。鍵の紛失後の対処方法を知って、鍵の紛失トラブルに慌てないようにしましょう。

鍵作成・交換にかかる費用はいくら?

鍵を紛失したときは、鍵作成か交換で対処することが可能です。鍵作成や交換について、それらにかかる時間と費用をみていきましょう。

鍵作成をする

鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

鍵の作成をおこなう場合は、合鍵を作成してくれる店舗に元鍵を持ち込めばすぐに合鍵作成に対応してくれます。鍵のタイプにもよりますが、費用も時間もそれほどかからないでしょう。手元に元鍵がない場合は、鍵の業者に相談し、対応してもらいましょう。

鍵交換をする

鍵の交換をおこなう場合は、作成よりも大きな作業になるので費用と時間がかかります。どれくらいかかるかは状況によって異なるため、業者に見積り作成を依頼しましょう。見積りは、2社以上から取ると、費用や内容の比較ができます。自分に合う業者に依頼しましょう。

作成にかかる時間

鍵の作成時間は、元鍵が1本でもある場合は、15分程度で鍵作成をしてもらえます。元鍵がない場合は、合鍵があるときに比べると手間がかかるので、1時間程度の時間を必要としています。

ディンプルキーなどの特殊なタイプの鍵は、1時間前後、もしくは数週間の時間が必要です。ディンプルキーは、業者によって合鍵が作成できないことがあるので、依頼する業者に確認してみましょう。

費用はどのくらいなのか

合鍵がある場合は、500円程度と安く作成することが可能です。ディンプルキーなどの特殊なつくりになっている鍵の場合は、3000円~5000円ほどと、費用が高くなってしまいます。

鍵トラブルは保険で保障してもらえる

鍵トラブルは、火災保険が適用できる場合があります。盗難などのトラブルで鍵を紛失した場合は、費用を保証してもらえることもあるので、保険に加入している方は、保険会社に確認してみましょう。業者に依頼した場合などは、見積りや領収書などを残しておくと、保険の手続きがスムーズになります。

鍵の紛失トラブルはプロへ

鍵の紛失トラブルにお困りの方や、鍵作成・交換を検討させている方は、プロの業者の依頼することをおすすめします。プロに依頼することによって、スムーズに鍵トラブルを解決してくれるでしょう。弊社の紹介する業者が親身になって鍵トラブルのお悩みを解決します。

鍵を紛失!1本もない…こんな場合でも作成できる?

鍵を紛失して、手元に1本もない場合でも鍵作成に対応してもらうことはできます。しかし、その場合は対応方法が変わってきます。合鍵がない場合の業者対応をみていきましょう。

合鍵が1本もない場合は?

鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

手元に合鍵がない状態でも鍵作成はおこなってくれます。業者は、鍵穴を確認するだけで、鍵の種類や対処方法がわかります。ただしその場合は、出張費などが発生するため、費用が高くなるのを覚えておきましょう。作業をおこなってもらう前に、見積りなどを出してもらうと安心です。

合鍵を作るメリット

合鍵を作っておくと、鍵をなくした場合でも合鍵で開けることができるため、トラブルを軽減できます。鍵を手にしたら、早めに合鍵作成をして、元鍵はなくさないように保管おくとよいでしょう。紛失以外にも、鍵が曲がってしまったり、劣化で鍵が回らなくなったりした場合に新たな合鍵を作ることができます。

また、合鍵を身内に渡しておけば、自分にトラブルが起きてしまったときに助けてもらえるのも、合鍵を作るメリットのひとつでしょう。

合鍵が1本もない場合は業者に依頼しよう

鍵を紛失してしまい、合鍵もない場合は、業者に依頼して対応してもらいましょう。合鍵作成を検討している方は、弊社の紹介する業者にご依頼ください。弊社の紹介する業者が迅速に対応いたします。

鍵には種類がたくさん!自分にあったものを選ぼう

鍵の交換をするにあたって、鍵の種類を知っておくことも大切です。鍵にはたくさんの種類があるので、防犯性や利便性などの特徴をふまえて、自分に合った鍵を選ぶようにしましょう。鍵の交換をするときに役立つ、鍵の種類と交換の注意点をご紹介します。

鍵の種類とメリット・デメリット

鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

鍵の種類によって、それぞれメリットやデメリットがあり、鍵の場所や目的によって適するものが異なります。種類ごとの特徴を知って、自分に合ったものを選びましょう。

・シリンダー錠
シリンダー錠は安い費用でおさえたい方におすすめです。鍵にギザギザの刻みがある、一般的によくみられるタイプのものです。安く交換できるというメリットはありますが、ほかのタイプよりも比較的ピッキングに弱いというデメリットがあります。

防犯性を高めるため、補助錠の使用を検討してみるのもよいかもしれません。複数の鍵を取り付けることで、防犯性が高まります。

・ディンプルキー
ディンプルキーは、鍵の表面に小さなくぼみがたくさんあるタイプです。ピッキング被害をうけにくい防犯性が高い鍵なので、防犯を重視する方は、ディンプルキーを検討するとよいでしょう。

防犯性の高いディンプルキーですが、交換や作成の費用がシリンダー錠よりも高いというデメリットがあります。交換の場合は20,000円~30,000円ほど、合鍵作成の場合は、約3,000円ほどです。

・電子錠
鍵の紛失を避けたいと思っている方は、暗証番号や指紋認証などで開錠できる電子錠がおすすめです。鍵を所持する必要がないため紛失の心配がないほか、ピッキングされる心配もありません。防犯性をより高めたい方にも、電子錠をおすすめします。

デメリットは、交換費用が高いことや、故障するおそれがあることでしょう。本体が故障してしまうと、家の中に入ることができなくなるので、故障したときの対処法も考えておくことが必要になります。

鍵交換をするときの注意点

賃貸物件などの鍵を交換する場合は、鍵業者以外の関係者への連絡をする必要があります。持ち家の場合は、そのまま交換作業に入っても問題ありませんが、賃貸物件の場合は管理会社や大家さんに許可をもらう必要があります。

許可をとらずに交換作業をおこなってしまうと、ほかの住人や管理会社を巻き込むトラブルとなってしまいます。賃貸物件で鍵のトラブルが起きてしまった場合、まずは物件の管理者に相談しましょう。業者への依頼は許可を取ることができてからにしましょう。業者探しをする場合は弊社がサポート致します。お気軽にご相談ください。

鍵をなくさないための予防法

鍵作成・交換には、費用も手間もかかります。鍵をなくさないためにも、日頃から鍵の管理をしっかりおこないましょう。最後に、鍵をなくさないようにするための予防策を紹介します。

【鍵をなくさないための予防法】

鍵作成や交換にかかる費用は?鍵の紛失やトラブルならすぐにプロへ

・鍵の置く場所を決める
置く場所を決めておくことで、紛失するのを防ぎます。使用したあとは、決まった場所に戻す習慣をつけましょう。

・紛失防止タグを使用する
紛失防止タグとは探知機のようなもので、スマートフォンなどの連動する機器から離れたときに、それを知らせてくれるものです。紛失防止タグを鍵に取りつけておくことで、置き忘れなどによる紛失を防ぐことができます。GPS機能が搭載させているものなどがあり、万が一紛失しても鍵のある場所を知ることができる、とても便利なアイテムです。

・目印になりやすいものをつける
大きなキーホルダーなど、目に入りやすいものを鍵につけておくことで、紛失を予防できます。お気に入りのものをつけておくと、大切にしたいという意識が働くため、より紛失しにくくなるでしょう。

鍵トラブル・お悩みはプロに相談しよう

鍵は種類が多く、なかには取り付けられる場所が限られているものもあります。また、性能も向上してきており、より使いやすく、より安心して生活できるような鍵も多くあります。鍵のトラブルが起きたときだけでなく、トラブルが起きる前に鍵を交換するのもよいかもしれません。

鍵の場所や自分の状況に最適な鍵を取り付けるときは、プロに相談してみるとよいでしょう。弊社では鍵トラブル・お悩みはもちろん、なんと相談すればよいかわからない場合でも、親身に状況をお伺いし、最適な業者をご紹介致します。

まとめ

この記事では、鍵作成・交換の費用や、合鍵がない場合の対処方法を紹介しました。鍵の紛失は、合鍵がない場合でも業者は対応してくれます。状態によっては、火災保険が適用させる場合があるので、確認してみるとよいでしょう。

鍵を紛失していなくても、1本しか所持していない場合は、合鍵作成することをおすすめします。起こるかもしれない紛失トラブルの軽減になりますし、自分に何かトラブルが起こってしまったときのために身内に合鍵を渡しておくこともできます。

鍵の作成や交換など、鍵に関するお悩みがある場合は、お気軽に弊社までご相談ください。親身になってサポートいたします。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー