鍵の紛失って保険は適用される?適用されれば作業費が安く済むかも

鍵を紛失してしまったとき……。家の中に入るために、すぐにでも対処したいものですよね。鍵を開けるためには鍵開けもしくは、合鍵を作る必要があり、業者に依頼するとなるとそれなりに費用がかかってしまいます。

このようなトラブルで思わぬ出費が発生する場合、保険が適用されることがあります。この記事では鍵を紛失したときに補償をしてくれる保険について、補償内容や保険が使えるケースに焦点をあてて解説していきます。

保険は契約する会社によって補償内容が異なりますの、その点もしっかりと押さえておきましょう。

鍵の紛失を保証してくれる保険とは?【戸建・賃貸・自動車】

鍵を紛失したときに、保険が適用できると助かりますよね。この章では、鍵の紛失を補償してくれる保険について解説していきます。

鍵の保険1:火災保険

鍵の保険1:火災保険

火災保険は火事がおこったときの保険と思われがちですが、じつは火災保険は鍵開けや鍵作成など鍵紛失にかかる費用を補償してくれることがあるのです。トラブルが起きたときに保険会社に連絡すれば、保険会社と提携している業者が駆けつけて、鍵開け・鍵作成をおこなってくれます。

加入費用に関しては、お住まいの住宅種類などの条件によって異なってくるので、保険会社に問い合わせて見積りをとってもらいましょう。

鍵の保険2:入居者サポート

マンションやアパートなどの賃貸住宅にお住まいの方は、入居者サービスで鍵の紛失に対応してくれることがあります。もし鍵を紛失したときには、大家さんに連絡して対応可能か確認してみてください。無償で鍵開け・鍵作成をおこなってくれる場合があります。

加入費用は、契約する賃貸住宅によって異なるようなので、一度確認する必要があります。賃貸によっては、入居するときに加入が義務付けられている場合も多いです。不安な方は、自分が入居者サービスに加入しているのか、確認してみるとよいでしょう。

鍵の保険番外編:自動車保険

車の鍵を紛失した場合は、自動車保険で補償される場合があります。車の鍵を失くしてしまったり、鍵を車の中に入れたまま、鍵が閉まったりした場合に、無償で鍵開け・鍵作成をおこなってくれるというものです。

加入費用は車によって、違うようです。無料見積りもおこなっている企業もあるので、一度問い合わせてみてください。

鍵紛失で鍵開け、鍵作成をしたいとき

このように保険に加入していると、鍵を紛失してしまった際の鍵開け、鍵作成などにかかる費用を補償してくれることがあります。まずは、自分が加入している保険の内容を確認してみましょう。

保険会社によっては鍵開けしか対応できないなど、補償や作業の内容に違いがあります。

鍵開けと鍵作成が保険で補償されることがわかったら、いち早く鍵を開けたいですよね。そのようなときは、弊社をご利用ください。弊社は24時間365日で電話受付をおこなっていますので、可能な限り迅速に行動させていただきます。ぜひ、ご利用を検討してみてください。

契約する会社によって補償内容は違いがある

補償内容は、保険会社によって異なります。保険を利用するうえで、この違いをはっきり理解しておきたいですよね。それでは、詳しく解説していきます。

違い1:費用負担

違い1:費用負担

保険会社によっては、費用が補償される場合とそうでない場合があります。以下に補償対象となるケースとそうでないケースをまとめていますので、参考にしてみてください。

ただし、先ほどもお伝えしたように、契約する保険の種類によって内容は異なります。実際に保険を契約する際は、内容をしっかりと把握しておくことが重要です。

【補償対象】

  • 鍵の紛失によるドアの解錠
  • 鍵の破損によるドアの解錠

【補償対象外のケース】

  • 鍵の部品交換
  • 新しい鍵の取り付け
  • 2回目以降の鍵の紛失
  • 保険会社を経由せず、直接業者へ開錠の依頼をしてしまった場合
  • 防犯性の高い特殊なドアの解錠
このように保険会社の取り扱う保険の種類によって、補償の内容はさまざまです。A社では補償対象であった場合でも、B社では対象外になってしまうことも十分に考えられるので、補償内容をしっかりと確認する必要があるでしょう。

違い2:作業時間によったサービス

作業時間によっても、サービスは異なります。30分以上の作業は有料になってしまう場合もあるのです。ですので、保険に加入していても作業時間が長引いてしまえば、費用が自己負担となってしまうことがあるということも覚えておきましょう。

作業時間によって費用が変わってしまうかなど、補償内容に関して詳しく気になる方は、契約する保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

違い3:紛失の種類によっては保証適用外もある

また紛失の種類によっては、補償適用外になることがあります。たとえば、盗難が原因の紛失の場合は、対応してくれないことがあるのです。

ただし空き巣による盗難には、保険が適用されることもあります。ですので、保険に加入するときは、保険会社がどのような状況に対応してくれるのか、確認する必要があります。

少しでもお得に鍵トラブルを解決したい

このように鍵のトラブルに対しての、保証内容や費用は会社によって異なります。状況によっては、保険が利用したいときに使えないことも考えられるのです。もし保険が適用外の場合には自分で業者選びをしなくてはいけません。

もし業者選びに悩んでしまった場合には、弊社の鍵お助け隊に相談してみてください。鍵お助け隊では、お客様の状況に合わせて、業者選びをおこなっています。ぜひ1度ご連絡ください。

保険の加入は【義務】ではない。だからこそ納得がいく保険を選ぼう

保険の加入は義務ではないため、無理に加入する必要はありません。しかし、保険に加入しておけば、鍵のトラブルに備えることができるのです。この章では、納得いく保険選びをしてもらうために、保険の適用範囲などについてご紹介していきます。

ポイント1:保険の適用範囲

ポイント1:保険の適用範囲

まずは、保険の適用範囲について知る必要があります。保険会社によっては、紛失の原因が破損であったり盗難であったりすると、保険が適用されない場合があるのです。こういったことを避けるためにも、さまざまな状況に対応できる業者を選定する必要があるのです。

ポイント2:どこまで会社が負担してくれるか

また保険会社によっては、負担をしてくれる額も異なってきます。保険会社によっては、部品代や鍵交換代が自己負担だったりします。ですので、業者を選ぶときには、しっかりと全額補償してくれる会社なのか、確認する必要があるのです。

番外編:物件によっての鍵紛失時の費用負担について

ほかにも、物件によっては鍵紛失時の費用負担が異なります。一戸建ての場合は、基本的に業者への依頼費用は自己負担です。しかし賃貸の場合は、大家さんもしくは管理会社の負担になる場合があります。

もし賃貸にお住まいの方で、鍵を紛失してしまった場合には、一度大家さんもしくは管理会社に相談をしてみてください。

無料相談から受け付けています

保険の加入は義務ではないので、加入していない人も多いでしょう。もし契約をするなら、自分が納得いく保険会社を選びたいものです。しかし、数ある中から納得のいく保険を探すのは困難であり、保険に加入していても場合によっては鍵を紛失した際に自己負担となることもあります。

保険適応外の鍵トラブルは、ぜひ弊社にご相談ください。鍵お助け隊ではお客様からの相談を受けたあと、状況に合わせた業者選びをさせていただきます。ぜひ、一度ご利用ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー