紛失?オートロックの鍵交換|賃貸マンションの管理者が知りたい情報

鍵の紛失や防犯対策として、鍵を交換することがあります。マンションなどでオートロックの鍵を使っていると交換できるのか悩んでしまう方もいますが、オートロックの鍵も交換することはできます。

ただし、作業の流れや費用などは、普通の鍵を交換するのとは異なります。ここでは、オートロックの鍵交換について詳しく解説します。

さらに、管理者の方にも住民の方にも参考になる、賃貸物件におけるオートロック鍵交換の際の料金負担についてもご紹介します。

オートロックの鍵交換について【時間・費用】

オートロックの鍵といっても、マンションなどでは、エントランスと自室が連動している場合と自室にのみオートロックの鍵がついている場合があります。

どちらのタイプであるかによって、鍵交換の流れは異なります。それぞれどのような流れで作業をおこない、料金はいくらくらいかかるのか解説します。

業者に依頼するとどのような作業になるの?

業者に依頼するとどのような作業になるの?

業者にオートロックの鍵交換を依頼した場合、エントランス連動の場合と、自室のみの場合で作業の流れが微妙に異なります。

エントランス連動の鍵交換
まず鍵の種類を確認し、次にオートロックと連動したシリンダーを確認します。必要な場所の確認が終わったら、オートロックと連動したシリンダーを発注し、それが到着したら鍵の交換をおこないます。

このとき、エントランスのオートロックの確認や発注は、業者が直接マンションの管理者やメーカーに確認を取りますが、鍵の確認と交換は、住民の立ち会いが必要です。

自室のみオートロックの場合の鍵交換
まず錠前とシリンダーの種類を確認し、新しい錠前とシリンダーを発注します。それが到着したら交換作業をおこないます。

自室のみの場合は、業者による確認は自室のみで済みます。業者と管理者が直接やり取りをすることはないので、鍵の確認と交換の際に住民が立ち会いをおこなうだけです。

オートロックの鍵交換の料金は高め

オートロックの鍵交換は、メーカーや種類によって金額が異なりますが、15,000~30,000円ほど かかります。電子錠のため、費用は高めですが、その分防犯効果は高くなります。

ご自身の生活スタイルに合わせて、あとでご紹介するオートロックの種類を選んで、使いやすいものに変更しましょう。

種類ごとの金額や出張費などを含む詳しい料金が気になる場合は、業者に連絡を取って確認することをおすすめします。

オートロックの鍵交換は日数がかかる

普通の鍵と違って、リモコンやセンサーなどで開錠ができるようなシステムが組み込まれているので、オートロックの鍵はメーカーに発注をかけなければなりません。

そのため、施工までに日数がかかります。オートロックの鍵の納期は、発注から約2~4週間後です。オートロックの鍵交換は余裕をもって依頼しましょう。

自分で鍵交換は難しい!慣れた業者に依頼すること

鍵の交換は、家のセキュリティーに直接的に関わります。そして、オートロックの鍵の場合は、仕組みや接続などを正しく知らなければ、「鍵を変えたら家に入れなくなった」という事態になりかねません。

そういったトラブルのないように、施工実績のある業者に依頼しましょう。弊社には全国各地に多くの加盟店が存在します。鍵交換に実績のある業者も多いので、さまざまな業者から依頼先を検討することができます。お電話にてご相談ください。

料金が誰が払うの?紛失だと住民へ請求!

エントランス連動のオートロックの鍵を交換する場合は、住民と管理者のどちらが交換費用を負担するのでしょうか?

交換の理由が故障だった場合は、管理者が費用を負担することが多いです。エントランスの鍵の故障は、建物内のすべての住民に関わるトラブルです。その場合は、共用部分の管理を担っている管理者が責任をもって修理・交換をおこなうことになります。

しかし、交換の理由が鍵の紛失によるものだった場合は、住民の側に過失があるので、請求先は住民になります。

その際、エントランス連動の場合、紛失した鍵が悪用される危険性があるため、防犯対策としてマンションの全室の鍵を交換する場合があります。そうなると、請求金額は高くなり、住民にとって大きな負担になります。

そこで確認していただきたいのが、加入している保険です。火災保険や家財保険、入居者サポートなどの各種サービスを利用すれば、負担額が減る可能性があります。

また、各種サービスの範囲外であっても、管理者との話し合いで費用の負担を減らしてもらえることがあります。まずは、管理者に相談してどのような対応をとるべきか話し合いをしましょう。ただし、エントランス連動ではなかった場合、自室のオートロックの鍵交換は、住民の自己負担でおこなうことも覚えておきましょう。

どのような場合であっても、オートロックの鍵の交換は業者に依頼して早急におこなう必要があります。対処の方向性が決まったら、業者選びは弊社にお任せください。建物の全室の鍵交換なども請け負っている、プロの業者をご紹介します。

高額になるので、費用面が気になるでしょう。弊社では、いくつかの業者に見積りをとって、金額を比較して依頼する業者を決めることができるので、費用面も安心してご利用いただけます。

普通の鍵からオートロックにしたい【種類・工事】

防犯のために、ご自宅の鍵を普通の鍵からオートロックに変えようと考えることがあります。しかし、オートロックの鍵にもメリットとデメリットがあります。どちらもきちんと把握したうえで鍵の交換を検討しましょう。

また、オートロックの鍵に交換する場合は、鍵の種類や工事についても知っておくと、スムーズに交換作業ができます。その点についても確認しておきましょう。

オートロックは本当に便利で安全なのか?

オートロックは本当に便利で安全なのか?

自宅の鍵をオートロックに交換する前に、知っておきたいのが、オートロックのメリットとデメリットです。

メリット
オートロックの鍵を取り付けると、鍵の閉め忘れがなくなります。わざわざ鍵を閉めなくても、勝手に閉まってくれるので、慌てて家を出たときに「鍵閉めたっけ?」という心配がなくなります。

また、暗証番号や指紋認証で開けられる鍵にすれば、鍵を持ち歩く必要がなくなります。自分自身が鍵になるので、ほかに必要なものはありませんし、鍵を紛失して悪用される危険性もなくなります。

デメリット
普通の鍵からオートロックへの交換は、電気配線などが必要になるので、鍵の種類によって金額は異なりますが、設置費用が多めにかかります。

また、カードキーや鍵を使って開け閉めするタイプの場合は、鍵を忘れて家を出ると、ほんのわずかな時間でも鍵が閉まって家に入れなくなります。

これらの特徴を踏まえたうえで、オートロックの設置を考えましょう。そして、オートロックは防犯効果の高いものではありますが、万全の対策ではありません。ご自宅の鍵がどのようなものであっても、防犯意識をもって過ごすようにしましょう。

オートロックの種類

オートロックの鍵といっても、いくつか種類があり、それぞれに違った特徴があります。5種類のオートロックについて解説しますので、ご自身の生活スタイルに合ったものを選択してください。

暗証番号
自分で番号を設定して、その番号を入力することで開錠するタイプです。番号を覚えるだけなので、鍵などを持ち歩く必要がありません。また、日によって番号を変えることができるものもあるので、高い防犯効果が期待できます。

ただし、番号を忘れてしまうと開錠できなくなるので、注意しましょう。

指紋認証
あらかじめ家族の指紋を登録し、指で触れることで開錠できるタイプです。登録のある指紋でしか開錠できないので、とても防犯効果の高いものです。

しかし、指紋を読み取る部分にほこりが溜まったり汚れがついていたりするとうまく読み取れないことがあるので、こまめに掃除しましょう。

リモコン式
ドアについているボタンやリモコンを操作して開錠するタイプです。リモコンを持ち運ばなくてはなりませんが、ボタンひとつで開錠できるので、買い物帰りなどで手がふさがっているときでも手間がかかりません。

ICカード
ICカードを読み取り機にかざして開錠するタイプです。カードを持ち歩く必要がありますが、リモコンや普通の鍵と違って、財布などに入れることができるので、外出時でも忘れにくいでしょう。

スマホ
鍵と連動するアプリをインストールして、それを操作することで開錠できるタイプです。スマートフォンをもっていない人は少ないですし、わかりにくいオートロックの鍵の電池残量なども管理できることがメリットです。

ただし、スマートフォンが充電切れになると、鍵も開けられなくなるので注意が必要です。

オートロックの取り付け工事

マンションにあと付けでオートロックを設置する場合は、電気配線からおこないます。まず、エントランスと連動させる場合は、各部屋の鍵に配線用の配管やボックスを取り付けます。

次にエントランスの自動ドアの設置と配線をおこない、それが終わり次第各部屋の配線をおこないます。最後にエントランスにオートロック用のパネルを設置して完了です。

管理する物件の防犯機能を上げたい場合は、あと付けで導入してみてはいかがでしょうか。

まずは無料相談、無料見積りから

オートロックの鍵に交換することを決めたら、まずは見積りを取りましょう。普通の鍵よりも高額な料金が必要なので、業者選びは慎重におこなったほうがよいでしょう。

見積りはひとつの業者からとったのでは、適正価格なのか、工事の内容に過不足がないのか、予算に合うかなどを見極めることができません。いくつかの業者に見積りをとって料金を比較してから依頼先を決めるとよいでしょう。

業者のなかには見積りだけでも料金が発生することがあります。弊社にご相談いただき、見積り無料の業者をご利用ください。

弊社の電話による相談窓口は、年中無休でご相談を受け付けております。鍵交換に関する疑問や不安のある方は、いつでもお電話ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー