スーツケースの鍵を紛失|●分でわかる!今すぐ試せる解決マニュアル

スーツケースの鍵を紛失|●分でわかる!今すぐ試せる解決マニュアル

スーツケースの鍵は紛失すると一大事です。この記事では、スーツケースの鍵を紛失した際は一体どうしたらいいのか、状況・要望別にご紹介します。

旅行や仕事などで遠出をする際、スーツケースはとても便利です。鍵でセキュリティを確保しながら、荷物をまとめて簡単に移動することができます。しかし、そのセキュリティ機能が裏目に出るときが、鍵の紛失時です。鍵をなくすと大切なものを出し入れすることができず、深刻な事態に陥ってしまうのです。

旅先のみならず、旅前・旅後の鍵の紛失にも使える、有効的な対処方法を見ていきましょう。

スーツケースの鍵を紛失した!まずは「なくしやすい場所」をさがそう

スーツケースの鍵は小さいため、狭い隙間にも入り込みやすく、気づかないうちになくしてしまいやすいものです。かばんの底やポケットの中など、身近な場所を探しても見つからない場合は、どこかで落としてしまっている可能性もあります。

スーツケースの鍵を紛失したら、まずは冷静になって、「なくしやすい場所」を探しましょう。スーツケースの鍵を紛失しやすい場所には、次のようなところがあります。

  • 自宅
  • 空港や駅
  • ホテルなど宿泊場所
  • 移動の道中

まずは、自宅、空港、ホテルなど、スーツケースの開け閉めを頻繁に行う場所、鍵を扱った覚えのある場所を探してみましょう。落とし物案内所がある施設が思い当る場合には、問い合わせてみるといいでしょう。

すでに多くの場所へ移動してしまっている場合は、迅速に次の手を打つ必要があります。

【対処1】今日・明日までに必要→鍵屋さんに依頼

今日・明日までに必要→鍵屋さんに依頼

今日明日中にどうしても必要な時は、鍵屋さんに依頼をするのがベストです。無理に開けようとすると鍵が壊れてしまい、スーツケース自体が使い物にならなくなってしまうおそれがあります。

とくに、スーツケースがたった一つしかない場合、無理にこじ開けようとしてスーツケースが破損すると、鍵の紛失よりも悪い事態に発展して、焦りはますます募ります。「なるべく早く、無傷でスーツケースを開けたい!」というときには、鍵屋さんの手でスムーズに事態を解決してもらいましょう。

【対処2】2日以上余裕がある→レンタル・購入

「近々遠出をする予定だけど、使おうと思っていたスーツケースが開かない……」。出立の日まである程度の時間がある場合は、鍵開けを一度諦めるという手があります。新しいスーツケースを購入するか、レンタルスーツケースを借りることで、窮地をしのぐ方法です。

この場合、当日・翌日といった急な対応は難しいので、あくまで二日以上の余裕がある場合におすすめです。予定の荷物の量に合わせてスーツケースのサイズを柔軟に選ぶことができるメリットがあります。

開けられない状態の私物のスーツケースはひとまず置いておいて、レンタルや新品購入で代用するのも賢い手です。

【対処3】壊れてもいい!お金をかけたくない!→自力で鍵開け

【対処3】壊れてもいい!お金をかけたくない!→自力で鍵開け

「たとえスーツケースが壊れてもいいからとにかくお金をかけたくない!」。そんな時には、自力で鍵開けをする技もあります。それぞれ注意すべきポイントもありますので、実行はリスクを踏まえておこないましょう。

ジッパータイプの開けかた

ジッパータイプのスーツケースをお使いの方は、鍵の種類にかかわらず、ボールペン一本で簡単にスーツケースを開けることができます。

  1. かみ合っているジッパーの隙間に、ボールペンを差し込む
  2. ペンの先が食い込んだら、ジッパーに沿うように横に動かす

この方法だと、噛みあっているジッパーの隙間をボールペンが動くこととなり、ジッパー部に穴を作って開けることができます。強度のあるジッパーなどの場合は特に、うまくこじ開けられずにスーツケースそのものが壊れることがあるので、注意してください。

早急にジッパーを開けたい場合の最後の手段ですので、他人の持ち物に悪用しないようにしましょう。

鍵タイプの開けかた

鍵穴のあるタイプのスーツケースを自力で開けるのに必要なのは、ピン2本(ヘアピン、安全ピン)です。この方法は、鍵屋さんが行う解錠テクニックに近いものなので、開錠経験のない人にはかなり難しいといえます。

  1. 片方のピン(ピン1)を、先っぽから1.5cmらい曲げる
  2. ピン1の曲げた方の先端を穴に差す
  3. もう片方のピン(ピン2)はまっすぐに伸ばし、先っぽをほんのわずかに曲げる
  4. ピン2の先をピン1よりも上に差す
  5. ピン2を動かして位置を微調整する

成功すれば、ピン1が回って鍵が開く仕組みです。成功させるには、ピン2のを感覚的に微調整する必要があり、経験のない方にはかなりハードルの高い作業といえます。

鍵穴を傷つけることで鍵自体が壊れ、余計に開きづらくなる可能性も十分にあり、結局業者に依頼をするという展開も十分に考えられます。これらのリスクを踏まえたうえで、覚悟がある方は一度試してみるのもいいでしょう。

ダイヤルタイプの開けかた

ダイヤル式の場合、鍵の紛失ではなく、「暗証番号を忘れる」という理由で鍵が開かなくなります。この場合、一番の遠回りに見えて実は一番簡単なのは、ひとつずつ地道にダイヤルを合わせてみる方法です。

途方もない作業のように思えてうんざりする方もいるかと思いますが、ひとつの組み合わせに1秒もかからないことを考えると、大抵は10分以内で開錠できます。

スーツケースの隙間を覗くと、正解の番号の時には鍵の内部に隙間ができるのが見える場合があるので、正解のダイヤルを楽に見つけられることもあります。下一桁から順に上へ向かうように、隙間を覗きつつダイヤルを合わせていくのも手です。

【対処4】空港内の場合は鍵開けサービスがある

空港内で、スーツケースの鍵が開けられないことに気づいた場合、空港の鍵開けサービスを利用してみましょう。空港内には鍵開けサービスを請け負う店舗が入っていることが多いです。

店舗に直接出向いて修理を頼むほかに、電話で連絡を取ることでスムーズに対応してもらう手もあります。中には、鍵の交換や合鍵の作製もおこなってくれるお店もあるので、一度どのような対応が可能か確認するようにしましょう。

【対処5】スーツケースメーカーに依頼する

「思い入れのあるスーツケースで、できるだけ長く使いたい」など、開錠に急を要さないときには、正規のスーツケースメーカーに依頼をする方法もあります。そのスーツケースのメーカーのスタッフであれば、仕組みを熟知した自社のスーツケースのトラブルに的確に対応できることでしょう。

確実な修理をしてもらえる可能性が高まると同時に、同じスーツケースを今後も使い続けられる可能性も高まります。

スーツケースが閉まらない!即座にできる2つの対処

スーツケースのトラブルとして、スーツケースが壊れて蓋が閉まらなくなってしまうこともあります。荷物の詰めすぎなどのほかに、鍵の異常も原因の一つとして考えられます。急いでいるときにそんなことになっては一大事。その場ですぐできる対処法をお教えしましょう。

スーツケースバンドで固定

スーツケースのバンド(ベルト)は防犯対策のために付ける方も多いですが、鍵が壊れて閉まらなくなってしまった場合の応急処置にも役立ちます。また、飛行機内で受けた衝撃によってスーツケースが開いてしまう事故を防ぐこともできます。

一石三鳥のスーツケースバンドがあれば、スーツケースの開け閉めに際するトラブルに柔軟に対応することができるのです。

ラッピングで固定

国際線の空港には「バゲージラッピングサービス」というものがあります。一般的には防犯のために利用されるもので、スーツケースにラップを巻き付けるものです。海外にもこのサービスを導入している空港が多くあるので、海外旅行先でスーツケースバンドがない場合にもすぐに利用することができ、とても便利です。

【海外旅行】鍵が壊された…保険がきく場合もある

海外への移動で空港を使うときは、事件性のある場合でなくとも、スーツケースの鍵が破壊されることがあります。空港では安全確認のために、乗客の手荷物の鍵を破壊して中身をチェックすることがあります。

「TSAロック」(アメリカの国土安全保障省の公認を受けた赤いひし形マークのあるロック)であっても破壊される場合があるので、中には鍵をかけずにベルトをして荷物を預けるという方もいらっしゃいます。

空港でスーツケースの破損に気づいた場合は、その場で手荷物破損報告書を書いてもらうことが必要になることがあります。手荷物を受け取ったらすぐに、破損がないかを必ず確認しましょう。

まとめ

ひとえにスーツケースの鍵の紛失といっても、事態はさまざまです。どこで鍵をなくしたと考えられるか、どの程度時間の猶予があるのか、中身は入っているのかなど、現状を整理したうえで、あなたが最善と思う方法を選択することが大切です。

「スーツケースの鍵を紛失したけど、できる限り無傷で素早く鍵を開けたい!」。そうご希望の場合は、自分自身で対処するのは難しいケースが多いです。すぐに業者に相談をして、スムーズに問題を解決してもらいましょう。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー