スーツケースが開かないときの対処!暗証番号忘れ?TASロック解除

スーツケースの中に大切なものが入った状態で開かなくなってしまったら、とても困ってしまいますよね。すぐに開けられるようにするためにはどうすればよいのでしょうか。

スーツケースが開かない原因が鍵に関することでしたら、自分で無理に開けようとすると壊してしまうかもしれません。時間に余裕があるのであれば、鍵の専門業者に依頼するのがよいでしょう。

かといって、旅行先などでスーツケースが開かなくなったときにはそんなことも言っていられませんよね。

そこで、このコラムではスーツケースが開かなくなってしまったときのさまざまな対処法をご紹介していきます。業者に依頼する方法のほかにも、空港でスーツケースが開かないトラブルに見舞われたときなどの対処法も、あわせてお教えします。

スーツケースが開かないときのまさかのトラブル対処法

スーツケースが開かない原因はさまざまです。その中でも多いのがおもに以下のような状況です。

  • 鍵を忘れた、なくした
  • 暗証番号式の鍵の番号を忘れた
  • ジッパーが引っ掛かった

まずは上記について、それぞれのトラブル対処方法をご紹介します。

また、空港でスーツケースが開かないという事態に陥ってしまったときに役に立つ情報も合わせてご紹介していきます。

空港でトラブルに気づいたらすべきこと

空港でトラブルに気づいたらすべきこと

なにかしらの原因があり、空港でスーツケースの鍵が開かくなってしまったときのために以下の対処法を覚えておきましょう。

空港にはスーツケースの鍵が開かなくなった人などのために、鍵の開錠をおこなってもらえるリペアサービスがあることがあります。費用はかかりますが、非常事態には大変便利なサービスです。

空港にリペアサービスがなかった場合は、鍵の専門業者に空港まで来てもらえればよいのですが、空港にいるということは搭乗時刻が迫っているということもあるでしょう。

搭乗するのであれば、まずは搭乗のためのチェックインを済ませるのが優先です。チェックイン時に、スーツケースが開かなくなったことを航空会社に相談をしてみてください。なにかしらの手助けをしてもらえることがあるかもしれません。

空港でスーツケースの鍵が開かなくなってしまったら、その場でスーツケース開けることを諦めるというのもひとつの手です。スーツケースを宅配便で送ってしまう方法、受託荷物として預けてしまい、行き先でなんとかするといった方法が考えられます。

【トラブル1】ジッパーが引っ掛かった

スーツケースの中に荷物を詰めすぎると、中身がジッパーに引っ掛かって開かなくなることがあります。そんなときはボールペンなど、とがったものの先端をファスナーに差し込んでみてください。

とがったものをファスナーに差し込むと、差し込んだ部分からファスナーが外れてこじ開けることができるかもしれません。スーツケースに体重をかけながらおこなうと、より開けやすくなります。

【トラブル2】暗証番号を忘れた

「スーツケースをしばらく使っていない間に暗証番号を忘れてしまった……」そんなときはいくつか方法があります。

スーツケースのボタンを押しながらゆっくりダイヤルを回すと、正しい数字のときにだけ引っ掛かりのようなものをわずかに感じることができます。この方法で正しい番号を探してみてください。

もうひとつ、正しい番号を探すヒントがあります。正しい数字のときはスーツケースにわずかなすき間ができます。この要領で一桁ずつ正しい数字を探すことができます。

すべての番号をあてはめて数字を探す方法もありますが、途方もない作業です。おすすめはしません。

【トラブル3】正しい暗証番号なのに開かない

暗証番号が合っているのにスーツケースが開かないときの原因としては、無意識にさわってしまい、自分で暗証番号を変えてしまったというケースが考えられます。そうでない場合はスーツケースの故障が考えられるので、鍵開け専門業者に依頼をするのがよいです。

【トラブル4】鍵を忘れた/なくした

鍵を回して開けるタイプのものは、鍵をなくしたり、鍵を閉めて家に置いてきてしまったりというリスクがあります。

このタイプのものは鍵がない状態では、自分で開けることは不可能といってよいでしょう。鍵開け専門業者に依頼することをおすすめします。スーツケースの鍵開けでお困りでしたら、弊社におまかせください。鍵のプロである業者をスピーディーにトラブルが起きている現場まで派遣します。

【アメリカに行くなら必見】TSAロックの開け方

スーツケースの鍵に関して、アメリカに行くときには必ず覚えておくべきことがあります。

アメリカの空港では、スーツケースの鍵を開けたまま受託荷物として預けるか、アメリカの運輸保安局が定めたTSAロックのものにしないといけません。

TSAロックでない鍵をかけた状態で、X線の荷物検査で引っかかってしまったときは、スーツケースの鍵を破損してチェックしてよいとのことになっています。

しかし、TSAロックのスーツケースでしたら、アメリカ運輸保安局の特殊なマスターキーで解錠・施錠することができるため、荷物検査の際にその鍵を使ってスーツケースが解錠され、荷物検査後に施錠されて戻ってくるのです。

現在ではTSAロックスーツケースがたくさん売られています。ここからはTSAロックを解錠する方法もご紹介します。

TSAロックが必要な地域

TSAロックが必要な地域

TSAロックが必要な地域はアメリカ本土だけでなく、ハワイ・グアム・アラスカ・サイパン、そのほかのアメリカ領の地域です。

これらの地域に行くときはTSAロックのついたスーツケースにするか、スーツケースを預けるときに鍵を開けたままにする必要があります。

これらの地域でTSAロックが必要とされる理由

スーツケースを開けて荷物検査がおこなわれる理由は、テロ対策として、より厳重に検査をおこなうためです。TSAロックがあることによって、スーツケースを施錠した状態でも荷物を預けられることが実現できているのです。

TSAロックの解錠の方法は少し難しいですが、できないというわけではありません。ロックの開け方を紹介するので確認しておきましょう。

【開け方1】フレームタイプ/キーロック式

鍵を鍵穴にさし、解錠位置まで90度回します。これで鍵が解錠されるので、プッシュボタンを押してリフトレバーを引きあげます。リフトレバーが上がった状態のまま、スーツケースのフタをもちあげると開けることができます。

【開け方2】ジッパータイプ/キーロック式

ジッパータイプの鍵は、ロック時にジッパーの引き手が穴に差し込まれた状態で固定されています。鍵を回すことでロックが解除されて、ジッパーの引き手がロックから外れて、ジッパーを開けることができるようになります。

【開け方3】ジッパータイプ/ダイヤルロック式

設定した暗証番号に合わせます。ロックプッシュボタンを押すと、ジッパーの引き手がロックから外れて、ジッパーを開けることができるようになります。

【開け方4】ジッパータイプ/ダイヤルロック式(オープンシステム)

設定した暗証番号に合わせます。ロック左側のスライドボタンをスライドさせると、ジッパーの引き手がロックから外れて、ジッパーを開けることができるようになります。

TSAロックがどうしても開かない場合

上記の方法でTSAロックタイプのスーツケースの鍵が開かないときは、先述でご紹介した「こじ開ける方法」を試してみてください。

ただし、TSAタイプではないものと同じく、無理に開けようとしたり、力ずくで開けようとしたりすると鍵が破損してしまう可能性があります。どうしても開かないときは鍵開けの専門業者に依頼しましょう。

実は海外旅行では鍵をかけないほうがいい?理由と注意点

TSAロックは荷物チェックの際に鍵を壊されずに解錠できるからよい。とお伝えしましたが、じつは海外ではTSAロックタイプのスーツケースの鍵も壊されてしまうということがよくあるそうです。

スーツケースの鍵をしめると盗難防止になると考えるかもしれませんが、実際は施錠されたままで盗まれることもあります。

日本人はスーツケースに鍵をかけている人が多いですが、海外ではスーツケースに鍵をかけていると「なにかあやしいものが入っているのではないか」と疑われてしまうことがあります。スーツケースの中にお金やパスポートなどの貴重品は入れず、スーツケースの鍵はかけないほうがよいのかもしれません。

TSAロックのものも含め、スーツケースの鍵のトラブルは鍵の専門業者に相談したほうがプロの技術で解決まで確実に導いてもらえます。

スーツケースの鍵トラブルはほかにも

スーツケースの鍵のトラブルは、ほかにもいくつも考えられます。トラブルがあったときのために、それぞれの対処法を知っておきましょう。以下の対処法を試しても解決できないときは、鍵の専門業者に依頼をするのが解決への近道です。

【1】鍵が刺さったまま折れた

【1】鍵が刺さったまま折れた

「スーツケースの鍵を開けようとして鍵を回したら折れてしまった。」そんなときは、ペンチなどで鍵穴に刺さった鍵をつまんで、抜き出すという方法を試してみましょう。折れた鍵が中まで入り込んでしまっていてこの方法で抜きだせないときは細いマイナスドライバーを差し込んでみると、鍵が抜けるかもしれません。

しかし、あまり内部に触れてしまうと鍵穴が破損してしまうので、無理におこなうことをおすすめしません。このような場合や、折れた鍵が完全に中まで入ってしまっているときは、鍵開け専門業者連絡をしましょう。

【2】鍵穴が硬くて鍵が回らない

スーツケースを使用しているうちにだんだん鍵を回すのが硬くなり、しまいには回らなくなってしまうというケースもあります。鍵穴にホコリなどの異物が蓄積していたり、鍵穴の内部がさびてしまっていたり、といった原因が考えられます。

スーツケースの鍵の回りが悪くなってきたなと感じたら、スプレーグリスを鍵穴に吹きつけると滑りがよくなり鍵が回りやすくなります。スプレーグリスの代用として、鍵に鉛筆(黒鉛)をぬって滑りよくするという方法もあります。

鍵のトラブルで困ったらまずは鍵屋に相談!

スーツケースの鍵が開かないときの裏ワザはさまざまありますが、いずれも無理して開けようとしてしまうと鍵や鍵穴を傷つけてしまいます。スーツケースを傷つけずに使い続けたいのでしたら、鍵のプロにお願いするのが安心です。

どうしても開けられないときや、緊急事態のときも、鍵の専門業者の力を借りるのがよいです。すばやく駆けつけてくれる業者もありますので、「緊急事態のときは鍵開け業者に頼るとよい」ということを覚えておきましょう。

弊社ではお電話での受付を24時間365日おこなっております。ご依頼から見積り、作業までをスピーディーにおこなっております。スーツケースの鍵が開かなくてお困りの方はご相談ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー