鍵の交換時間の目安|交換費用の相場や種類の特徴・選び方も解説

鍵の交換時間は、鍵の種類によって異なります。鍵の種類は玄関の鍵やロッカーの鍵、車の鍵など、求められるセキュリティ性能の高さによってさまざまなものがあるのです。

この記事では鍵の交換時間と費用について、玄関の鍵とその他の鍵にわけて、かかる時間と費用をご紹介します。鍵の種類の選び方についてもまとめましたので、鍵の交換を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

鍵の交換時間は大体どれくらい?

鍵の交換時間はどんな鍵を交換するのか、どこの業者に依頼するのかによって変わってきます。まずは鍵交換の依頼先についてご紹介します。

鍵を交換するときの依頼先

鍵を交換するときの依頼先

鍵の交換は自分でもおこなえることがあります。しかし自分でおこなうと、うまく取り付けられないなどのトラブルが起こってしまうことがあるうえに、短時間で作業をすることが難しいでしょう。そのため、基本的に鍵を交換する際は鍵屋さんなどの鍵専門の業者に依頼することが多いです。

「玄関」の鍵交換を依頼したときのかかり時間

玄関の鍵交換を依頼した場合、かかる時間は到着してからおおよそ15分~1時間程度だとされています。鍵のセキュリティ性能によって作業時間が変わってくるためこのようなばらつきが生じています。

「その他」の鍵交換を依頼したときのかかり時間

車やロッカーなど玄関以外の鍵の場合は、基本的に5分~30分程度でおこなうことが多いです。車の鍵の交換は車種によっては鍵屋さんでは対応できない場合もあります。車の鍵の交換をお考えの方はディーラーに依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。

鍵の作成・鍵開けの作業時間はどれくらいかかるの?

鍵屋さんは、鍵の交換だけでなく鍵の作成や開かなくなってしまった鍵の解錠もおこなっています。鍵を作成する場合は鍵の種類によってかかる時間が大きく変わることが多いです。例えば、シンプルな構造で構成されているディスクシリンダータイプやピンシリンダータイプの鍵の場合は、当日に鍵を作成することができます。

しかし、セキュリティ性能に長けたディンプルキーシリンダーなどの複雑な構造の鍵の場合はそうはいきません。場合によってはメーカーから取り寄せる必要があるため数日かかってしまうこともあります。また、もとの鍵を紛失してしまったなどの理由で、鍵穴から鍵を作成する必要がある場合は大がかりな作業が必要になってしまいます。

開かなくなってしまった鍵を開ける場合、かかる時間は30分~1時間程度だとされています。こちらも鍵の種類によって時間に差が生まれます。 鍵についてお困りの場合は多くの場合鍵屋さんが解決してくれます。弊社では鍵に関するご相談をいつでも受けつけています。鍵の交換や合鍵の作成をはじめ、鍵に関することでお困りの場合はなんでもお電話にてお問合せください。

鍵を交換するときの費用相場

鍵の交換時間がある程度わかったところで、次に気になるのは費用ですよね。ここからは、鍵の交換にかかる費用をご紹介します。

鍵の交換費用はどうやって決まる?

鍵の交換費用はどうやって決まる?

鍵の交換にかかる費用は、交換して取り付ける鍵の種類によって違います。特に最近少しずつユーザーが増えているカードキーなどのセキュリティ性能が高い鍵は、取り付け費用が高額になることが多いです。

またシリンダーという、鍵が刺さる部分のみの交換なのか、錠前そのものをまとめて交換するのかによっても値段の違いが生まれてきます。自分が具体的にどのような交換内容にしたいかを確認してから費用の相場を見るようにしましょう。

玄関の鍵を交換するときの費用相場

玄関の鍵を交換した場合の費用を紹介します。基本的に鍵のシリンダーを交換する場合、通常の鍵だと5,000円~15,000円ほどだとされています。また、錠前ごと交換する場合はそれに5,000円ほど追加料金がかかることが多いです。

また、より性能の高い鍵にした場合は、さらに費用がかかります。凹凸が特徴的な鍵を使う、ディンプルキーシリンダーと呼ばれるタイプに交換する場合は、費用の相場は13,000円~25,000円程度だとされています。

ピッキングをされないという点で、セキュリティが最も強いとされている鍵はカードキーなどの電子錠です。電子錠にはカードキーだけでなく、指紋認証や暗証番号など、さまざまな種類があります。

これらの電子錠の交換相場はおおよそ20,000円~100,000円となっています。電子錠は電池で動くタイプとそうでないタイプがあり、電池で動かないタイプの場合、電子錠に電力を供給するための電気工事が必要です。そういったところから、高額な交換費用が必要になることがあるのです。

住宅で電子錠が導入されているのはあまり見かけることはありませんが、そのセキュリティ能力の高さから、今後さらに普及していくと予想されています。

その他の鍵を交換したときの費用相場

鍵業者は、住宅だけでなく自動車やロッカーなどさまざまな鍵に対応してくれます。自動車の鍵の交換を希望する場合、その費用は1カ所10,000円~20,000円となっています。自動車の鍵は、場合によってはディーラーでしか交換を受けつけてくれない場合がありますので、ご注意ください。

ロッカーの鍵の交換は比較的簡単で、自らの手でもおこなえることが多いです。しかし自信がない方や、失敗してしまった方のために鍵屋さんでもロッカーの鍵の交換を承っていることが多くございます。ロッカーの鍵の交換は5,000円~12,000円で対応してくれます。また、基本的に安い値段で承ってくれることが多いようです。

これらの鍵でお困りの方は、いちど弊社に問い合わせください。弊社では、鍵の交換だけでなく合鍵の作成や鍵の修理まで、鍵に関わることならなんでもご相談を受けつけています。また、24時間365日いつでも電話を受けつけているので、お仕事でなかなか時間が作れない方にもおすすめです。

鍵の種類と選ぶときのポイント!

鍵の交換は住宅のセキュリティを見なおす大切なチャンスです。この際、セキュリティ性能の高い鍵に変えてみてはいかがでしょうか。ここからはおすすめの鍵についてご紹介します。

ピッキングはほぼ不可能!マグネットキーシリンダー

ピッキングはほぼ不可能!マグネットキーシリンダー

マグネットキーシリンダーとは、最新式の鍵の種類のひとつです。通常の鍵は、ピンと呼ばれる細かい部品がいくつも配置されていて、対応する鍵を差し込むことによって凹凸がマッチして開錠できるようになっています。

それに対し、マグネットキーシリンダーは、ピンのひとつひとつに異なる磁石が備わっています。そのため、ピッキングをする際はピンを正しい位置にはめ込む作業に加えて正しい極の磁石を使う必要があります。空き巣は鍵を開ける際に5分以上かかってしまうと諦めるといわれているので、ピッキングの難易度が高いこの鍵はとても高性能だとされています。

また取り付け費用も7,000円~15,000円と、電子錠より安い金額になっていますので、安くセキュリティ性能を高くしたい、という方におすすめです。

オーナーにもおすすめ!チェンジキーシステム

チェンジキーシステムとは、錠前やシリンダーを交換することなく、簡単な操作で鍵穴のパターンを変えることができるシステムのことです。マスターキーを挿しこみ、鍵を回してからその後新しい鍵を差し込んで回すことによって、新しい鍵を設定することができます。

チェンジキーシステムは賃貸物件のオーナーにとって特におすすめです。導入するコストは少し高いですが、たったの1分程度で鍵のパターンを変えることができるうえに、交換費用もかなり削減することができます。また、ピッキングにも強く、チェンジキーシステムの鍵をピッキングする際は10分ほどかかるといわれています。

今回はさまざまな鍵の交換についてお話しました。鍵の交換はそう何度もする機会はありませんが、交換をする際は大切なセキュリティを見直すチャンスと捉えてみてはいかがでしょうか。弊社では、上記のハイテクな鍵をはじめ、さまざまなセキュリティ対策のご相談を承っています。大切な住宅を守るためにも、ぜひご利用ください。

の鍵トラブル

最短5分でスタッフが急行!

\ 見積り後のキャンセル可能! 24時間365日、日本全国受付対応

電話番号:0800-805-8077

無料メール相談へ
現在、お電話がつながりやすくなっております。

各種クレジットカードがご利用いただけます

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます。

・利用規約・プライバシーポリシー